炎天下の移動:コバンからコパン・ルイナス(ホンジュラス)

2016/4/2 為替:1ケツ=3レンピーラス=15円

コバン(グアテマラ)から、コパン・ルイナス(ホンジュラス)へ

ローカルバスを乗り継いで移動しました。

グアテマラ最後の宿泊地となったコバン。

IMG_4119

この辺りの民族衣装は、暑さ対策がなされていました。

 

キャミ+レース素材又はざっくりニットをふんわり着ています。

スカートも薄手の素材で、腰にはゴムが入っていてふんわり。

IMG_4126

高地のカッチリした布に比べて、軽くて涼しそうです。

 

民族衣装に身を包む女性、なんだか当たり前になってしまっていたけど

ホンジュラスに来て「みんなが洋服着てる」のを見ると

あれだけ民族衣装が残る国って貴重なんだって感じました。

 

ホテルやツアー会社で、ホンジュラス行きを尋ねると

「グアテマラシティまで出て、シャトルバスでコパン・ルイナスへ行くのが良い。

それ以外だと、何回も乗り換えないといけないから面倒だよ。」と何度か言われました。

シャトルバスは快適だろうけど、

距離的にロスが出るし、シティに行きたくなかったので下記ルートをとりました。

 

<ルート>

コバン

↓ 2.5時間 30ケツ

エル・ランチョ

↓ 2時間 25ケツ

チキムラ

↓ 2時間 16ケツ

エル・フロリド(国境)ホンジュラス側で30ケツ支払い

↓ 20分 20レンピーラス

コパン・ルイナス

 

蒸し暑い中での移動は堪えます。バスの中は蒸し風呂状態。

カットフルーツと甘いアイスティーを飲みながら、

朝7時半にコバンを出発し、16時無事コパン・ルイナスへ到着しました。

 

 

コバンのTMBオフィスでチケットを購入し、グアテシティ行きのチキンバスに乗り込みます。

エル・ランチョで途中下車する事を、車掌さんにアピールしておきましょう。

交通の分岐点の様な場所です。

IMG_4076

チキンバスのくせになのに、事前に支払いチケットを受け取るシステムでした。

この先、国境までこの「チケット制度」路線が続いていて驚きました。

IMG_4132

グアテ全土のバスが適当だと思ってましたが、会社として運営してる路線もあるのね。

 

エル・ランチョでもチキムラでも、待ち時間は15分となく

乗換はスムーズにできました。

 

グアテ出国税10ケツと聞いていましたが、何故か徴収されず

歩いてとぼとぼと国境を越え、ゆるい感じでホンジュラスへ入国。

とぼとぼ・・・だって国境はこんなに閑散としているんだもの。

IMG_4127

イミグレ内には職員も外人も、人っ子一人おらず「すみませーん」と入国アピール。

やっと男性職員が出てきてくれた時には、ほっとしました。

30ケツ払い、指紋と写真をとり、質問も荷物検査も入国カードも一切なし!!

本当にゆるかったです。

 

ホンジュラス側にいる両替おじさんのレートは良心的で、

しかも細かい札を混ぜてくれたので助かりました。

 

国境からコパン・ルイナスへは20分少々。

ここも坂道が多く、石畳の町。コロコロに不向きな町です。

 

ホテルの予約をしていなかったので、探しに行かないと・・・

石畳・・・気が重いわぁと、中心部へ向けて歩き出そうとした時

客引きのお兄さんに声を掛けられました。

 

ホテルというよりはAirbnbみたいな感じ、自分の家の一部を客室にしてる感じ。

外には看板も何もありません。この辺の家です。

敷地内に「CASA LASTENIA」って油性マジックで書かれていました。

個室+専用バスルーム付 Wifiあり 洗濯機無料 10ドル!

共有バスルームが続いていたので、これめっちゃ惹かれます。

客引きの何がいいかって、価格交渉可+荷物運んでくれる点でしょ。

 

3泊するから2ドルだけおまけしてもらい、荷物も運んでもらい

二段ベッドとダブルベッドが置かれた広い部屋を貸切です。

IMG_4128

IMG_4129

シャワーあがりに裸でウロウロできるって、うへへ幸せ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す