パン屋から普通のパンが消えロスカが並ぶ:三賢者の日

2016/1/6

オアハカではAirbnbを使い、メキシカン宅にお世話になっています。

IMG_2122

大みそかから8泊、クリスマスと新年のイベントが続く時期

マリアッチパーティ等メキシコらしい時間を過ごすことができました。

 

1月6日 スーパー内のいつものパン屋さんに行くと、

マフィンや普通のパンが全然置いてありません。

 

代わりに、上に砂糖菓子が乗った、大きな輪の形をしたパンが大量に・・・

というか、これしか売ってないじゃんという状況です。

IMG_2124

IMG_2125

露店でも、このパンが大量に売られていました。なんだろう。

 

ステイ先に戻ると、あ!買ってありました!!

 

パンの名前は、ロスカ・デ・レジェス 略してロスカ

 

メキシコではクリスマスが終わる1月6日(三賢者の日)に、

皆でホットチョコレートと共にロスカを食べる習慣があります。

子供たちはプレゼントがもらえるから、この日をとっても楽しみにしているんだって。

 

どん!と置かれたパンを、自分で好きな部分を切っていきます。

 

中には小さな「モノ」と呼ばれる人形が入っていて、

それを当てた人は、その年を幸運に迎えることができますが

2月2日に皆を招待してご馳走をしないといけないらしい。

 

この位小さな人形だよ、って話しているところ。

IMAG0436

メキシカンは人形を当てたいらしく、進んで切っていきます。

 

私は「当たりませんように」と心でつぶやきながら切りましたよ。

 

見事、当てましたけどね・・・日本人が2つも・・・

IMG_4134

この後は、元ミュージシャンのパパによるギター演奏&歌

ゲストのアコーディオン奏者とのコラボ。

IMG_2127

お友達の家へ行き、またまたコラボ演奏・・・

one more song!otra!が永遠と12時近くまで続くのでした。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す