餃子と温泉で満足感を得る:キトからバーニョス

2016/8/31 為替:1USD=102円

パラグアイの民宿小林さんを出発してから、

ブラジル→コロンビア→エクアドルと1カ月半が経ちました。

IMG_1862

美味しい日本食から遠ざかり、日本人に誰一人として会わず、シャワーのみ生活。

ここらで美味しいアジア飯とお風呂が恋しくなる頃合いです。

 

キトで日本食は敷居が高いので、中華料理屋「玉面館」へ行きました。

先の旅人絶賛の餃子を食べに!

IMG_1552

場所はエコビア「Manuela Canizares駅」の真ん前です。

特に大きな看板はなく殺風景な店構えです。

IMG_1556

店に入った15時過ぎ、ほぼ満席+中国人のウエイターとシェフだ。

これは期待できそう。

にらの香りと、チャーハンを炒めるフライパンの音が食欲をそそります。

おー。皮はもちもちで焦げ目も付いてます。美味い!!

IMG_1555

炒飯はエクアドルで「CHAULAFAN」そのままチャーハン。

IMG_1553

こんなに食べきれないので持ち帰って食べましたが、冷めても美味かったです。

餃子10個、えび入り炒飯、コーラとスープ付きで8.5USD。

餃子は熱々の内に全部たいらげました。

 

超不愛想な店のお姉さんが帰り際「日本人ですか?」と。

「はい、日本人です。」と笑顔で返すと、お姉さんも笑顔になりました。

南米で初めて美味しい中華にありつけました。

ありがとう玉面館!

 

エクアドルには温泉がいくつかあります。

キトから南下する途中に、バーニョスという温泉街があるので

バーニョスに寄り道しつつクエンカ→グアヤキルへ向かう事にしました。

 

キトのキトゥンべバスターミナルは、街の遥か南に位置しています。

以前は旧市街の近くだったのに。

トロリーバスでも行けますが、いつも混み合っており

そんな中スーツケース持って乗るのは邪魔者なので

おとなしく宿でタクシーを呼んでもらいました。

ノルテと旧市街の中間辺りから約40分(渋滞あり)、15USD。

 

キト→バーニョスは4.5USD(ターミナル使用料含む)

途中人を乗せたり降ろしたりしつつ、トイレ休憩1回含め

キトを出発しキッカリ3時間半後にバーニョスへ到着しました。

 

バーニョスの街は「観光地」という感じで、温泉だけでなく

ラフティング、クライミング、サイクリング等のアクティビティが豊富。

IMG_1835

こんな橋の上からジャンピングというのもありました。

IMG_1847

かなり高いです。もちろんやりません。

IMG_1840

元々、活発に動くタイプではないというのに加えてこの天気。

IMG_1823

温泉でゆっくりするに限ります。

 

しかーーし、ここはエクアドル。

日本の温泉とは全然違い、そうそうゆっくりはできません。

だって、グーグルマップのカテゴリー「水泳」ですから。

水着を着て、水泳帽をかぶって入ります。

浮き輪や水中メガネを持ち込んでいる人もたくさんおり、

プールも施設内にあり「水泳カテゴリー」で正解です。

IMG_1865

滝を眺めながら入浴できる 「Termas de la Virgen」

入場料:外国人3USD、水泳帽レンタル50セント、販売1USD

これからも温泉行く予定なので、水泳帽は購入しました。

 

夜の部開始時間18時に行くと、まだ人がまばらですが

19時過ぎる頃には場所が確保できない程の人人人!!!と化します。

IMG_1863

特にぬるめのお湯は大人気。

IMG_1868

どちらが息を長く止められるか競争をしたり、泳いだりと皆さん騒がしいです。

赤ちゃんはおしめを付けたまま入浴してるし、子供もいっぱいいるので

湯の中に何が入っているか考えない様にしていました。

「無」ですね。

頭を「無」にして、ただ血流が良くなっていく事を感じるのみに集中しました。

IMG_1866

熱いお湯の方は、45℃くらいあるんじゃない?ってほど熱く

子供が少ないので若干静かで、おじいさんが多い印象です。

 

騒がしく、ゆっくりできる雰囲気ではありませんが

ほんのり鉄分を含んだれっきとした温泉で温まるのは至福の時。

外でお湯につかるってやっぱりいいもんです。

バーニョスへは「温泉」気分で行くとがっかりしてしまうので

あまり期待せず「水泳」気分で行くと良いでしょう。

 

こういった観光地は、観光客用のレストランが多いのも嬉しいです。

もちろん高くつきますが、食堂飯に飽きた頃にはちょうど良かったりします。

もう。こればっかりだもん。セコ・デ・ポジョ。

IMG_1489

1週間に3回も食べたので飽きました。

魚の丸揚げは、肉に嫌気が差した時の救いメニューです。

IMG_1817

これも続けて食べたら飽きるので、あまり食べない様にしています。

救いが救いでなくなってしまうのを恐れるあまり。

 

ピザ、バーガー、イタリアン、ステーキ。

わーい、レストランいっぱいで迷います。

しかも夜までオープンしているのが嬉しい。

こちらの人はメインが昼食の様で、夕方になると食堂が閉まってしまうのです。

その為キト滞在時、夕飯はジャンクフードばかりでした。

 

オイルマッサージ&デトックスで「疲れ・ストレス・油」を排出後、温泉であったまる。

んーー、スッキリ!満足!



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す