グァナファトで延泊 宿のおかげで街の印象が変わった

2015/12/26

洗濯物待ちの為、グァナファトに延泊する事になりました。

IMG_1696

昨日の記事も合わせてどうぞ→メキシコのクリスマスホリデーを甘く見ていた話

 

はじめ滞在していたホステルは混みあっていて、

女性ゲスト8人に対して女子用バスルームがたった1つ。

 

男子用トイレやシャワーは複数あるのに、なぜ?

トイレ待ち、シャワー待ち、洗い物もたまり…窮屈に感じていたので、

宿を変えることにしました。

 

結果、この判断が大正解でした。

 

 icon-arrow-circle-right 良かった点

1、日当たりが良くて洗濯物が干せる

2、夜になると楽団が通る

 

グァナファトの街中にはインフォメーションスタンドの他、

ツアーなどを案内してくれる人がパンフレットを持って立っています。

そのお兄さんに「一人200ペソ以下で泊まれる所を探している。」と伝え

このホステルに案内してもらいました。

 

 icon-arrow-circle-right ホステル名 HOSTEL EL CAMINANTE

大人数の家族連れに一部屋単位で貸し出している様で、4部屋とも満室。

私達の部屋はドミとして、1ベッド200ペソとしてくれました。

通りすがりの人が何人か値段を聞きに来ていたので、人気がある様に感じました。

POSITOS通りのこの辺です。

 

チェックイン時、早速この明るいダイニングルームがとても気に入りました。

IMG_1695

ドアの木は朽ちていて閉まらないし、シャワーはぬるま湯程度で寒いし、

バスルームのゴミ箱は一杯で清潔とは言えないけど、窓からの景色で相殺。

しかも日当たりがめちゃくちゃいいんです。

 

昨日までの極寒ホステルとは大違いです。

グァナファトの街は細道が入り組んでいている為、日が当たらない場所も多いのです。

 

ここならフリースも乾きそう!!レインも洗ってしまおう。

カラリとした天気、絶景を眺めながらの洗濯は気分が良かったですicon-smile-o

IMG_1740

グァナファトは私にとって「洗濯の街」となりました。

 

 

IMG_1744

「夜になると楽団が音楽を奏でながら街を歩く」という情報があったので、夜な夜な楽しみにしていたのですが

はじめ宿泊していたホステル(Cantarranas通り)の前には現れませんでした。

 

いつどの辺りに現れるか分からないし、夜出歩くのも微妙かなと

諦めかけていた楽団でしたが。。。

 

来ました!!夜7時頃、音楽と歓声聞こえてきました!!

テラスから下を見ると、楽団が聴衆を引き連れてやって来ます。

 

そして、POSITOS通りの一本南の通り(名前はありません)で止まり

ちょうど宿泊しているホステルの真下で演奏を始めました。

 

音楽だけでなくトークも面白い様で、聴衆は大盛り上がり。

一緒に踊ったり、手拍子したり、歌を合唱したりと楽しそうです。

 

暗がりで、しかも遠いので上手く撮れませんでしたが

人の多さは伝わるでしょうか?

IMG_1735

 

もちろん、次来た時には宿から飛び出し走って合流しました。

もちろん、踊りました。

IMG_1763

 

気分良く群衆に紛れゾロゾロ歩いていると

チケット売りの人が回ってきました。(100ペソ)

 

チケットを買うと、花飾りや小さな陶器の置物がもらえるらしく

これを持っていない人に声をかけている様でした。

 

このシステムの事を知らず、

何も考えずカメラだけ持って追いかけていたので

持ち合わせが本当にゼロ。ごめんなさい!

IMG_1778

団長さんカメラ目線でサービスしてくれたのに、申し訳なかったなぁ。

 

街には4つの楽団がいて、遅い時間ほど観衆が多く盛り上がっていますicon-smile-o

10時過ぎの楽団は、推定1500人弱を引き連れていました。

 

予定以上に滞在したグァナファトでしたが、宿を移動してからの時間は

「違う街に来たみたい」と思える程に、街の印象を変えてくれました。

 

人や天気ももちろん大切ですが、「宿運」も旅には必要だなと改めて感じました。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す