超キュート!チャンチャン・太陽と月のワカ:トルヒーヨ

2016/9/28  為替:1ソル=30円

トルヒーヨの周辺には、遺跡がたくさんあります。

img_3273

100年~800年頃にかけて栄えたモチェ王国の要塞と神殿跡「太陽のワカ、月のワカ」

その後1100年頃に栄えたチムー王国時代の都市跡「チャンチャン遺跡」

どちらも当時の技術の高さを思わせる、巨大でかわいいデザインの遺跡でした。

 

 icon-arrow-circle-right 行き方まとめ

どこへ行くにも「Los incas」通りからコレクティーボに乗車します。

・太陽と月のワカ Campina de moche行

モチェ行きもあるので注意。カンピーニャ!と客引きしている車が正解。

 

・チャンチャン、チャンチャン博物館、エスメラルダ Huanchaco行

同道沿いなので簡単。エスメラルダはモールを目印に下車。

 

・アルコ・イリス(ドラゴンのワカ) Esperanza行

現地での言い方「アルコ・イリス」でないと通じません。

 

太陽と月のワカ周辺まで来ると、景色が一変。

チケット売場で降り損ね入口まで行ってしまうと、長い道のりを往復する羽目になります。

ワカ入場料:10ソレス、博物館:5ソレス。

img_3245

運転手さんに「ボテージャ」アピールをしておいて正解でした。

img_3246

一応ツアーに参加しないといけないみたいです。

スペイン語が分からないと言うと、上まで一緒に行き

その後一人で周ればいいよと言ってくれました。

img_3248

月のワカ内には、モチェ創造神のレリーフが至る所に残ります。

img_3263

img_3297

広大な土地に巨大なピラミッド、発掘されているのはほんの一部なんだろうな。

img_3270

彫ってあるだけでなく、色が付いた平らな部分にも絵が描かれています。

幾何学模様が美しいです。

img_3272

月のワカから太陽のワカと居住地が望めます。

現在あっちのピラミッドは見学できませんが、

発掘作業が進んだら見学できるようになるかもしれません。

img_3284

ピラミッド内部よりも、月のワカは外部が素晴らしい。

img_3313

おー!巨大レリーフがびっしり。

img_3318

img_3316

こんな絵が描かれてましたの図解。

動物や植物が多く描かれ、どちらも大切にしてきた文化がうかがえます。

img_3315

本物には近づけません。

img_3321

自然や動物も大切にする宗教には共感が持てます。

インカ犬も健在で、観光客達にかわいがられていました。

img_3338

 

チャンチャン遺跡も、コレクティーボを降りてから入口まで20分程歩きます。

もーこればっか。遠い。

img_3102

チャンチャン遺跡、チャンチャン博物館、アルコ・イリス、エスメラルダの入場券がセットになっていて10ソレス。

チャンチャンという名前同様、幾何学模様の動物達が超キュート。

img_3112

お魚のレリーフがずらーーっと。

img_3114

遺跡内の案内矢印もお魚です。

img_3130

全体的に優しい雰囲気の漂う遺跡は、屋根に守られています。

img_3134

魚?鳥の様にも見えます。

img_3149

超キュート(・∀・)

img_3159

ふふふ、並んでる並んでる。

img_3160

幾何学模様もハイセンスで大満足でした。

img_3157

こんなゆるーいフォルムの時代もあったのねぇ。

 

セットになっている博物館と他の遺跡も行きました。

博物館は小さく、ついでに寄るにはいいかなーという感じ。

img_3357

ピラミッドが住宅街に突如現れる感が面白いですね。

img_3360

チケットに有効期限はないので、3日かけてちょこちょこ周りました。

チャンチャン遺跡の後にワンチャコでランチしたり、

モールのついでにエスメラルダ行ったりしてました。

 

どこもトルヒーヨから簡単に行けるのでおススメです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す