臓物入り肉の盛合せは厳しかった:ポルトガル飯

2016/11/28 1ユーロ=119円

ポルトガルに入り、外食物価がスペインよりだいぶ下がりました。

スペインの約半額。

img_8529

スペインではテーブルセットがされている様なレストランには

場違いすぎて入れませんでしたが、ポルトガルはカジュアル感があり

入りやすくて嬉しいです。

 

初めてお茶したカフェで、ポルトガル物価に遭遇し驚きました。

小さいお菓子3つとエスプレッソで1.6€。

img_8160

スペインではカフェで5€札を出し、少しお釣りが来ればいい方だったのに。

午前と午後、2回カフェ行けますね。

お菓子だけでなく、軽食もたくさん並んでいるのでカフェタイムが楽しいです。

img_8534

油っこかったり、古くてパイが冷蔵庫臭かったりもするので

回転の良さそうな混んでる店に限りますね。

 

庶民的な食堂の日替わりメニューもお得です。

img_8067

だいたいスープ、メイン、パン、飲み物、エスプレッソ込。

img_8062

年配客、常連客多めの入りにくい雰囲気の食堂は

一旦入ってしまうと落ち着くから不思議。

img_8063

現地の雰囲気にとけ込んだらこっちのもんです。

 

一番はじめに入った食堂で「肉か魚か?」と聞かれ

とりあえず「肉」を注文したら、コレが来ました。

 

ポルトガル代表料理  Cozido a portoguesa

img_8065

ゔぅ。

優しい味のスープからは想像できない重い料理です。

私の一番苦手なやつ・・・こういう肉肉しいプレート。

原形が分かる豚の耳?、臓物、鶏、臭いのきついソーセージ、脂身たっぷりの角煮等の盛り合わせ。

地球の歩き方の食事紹介ページの肉欄、トップに紹介されていました。

各種ソーセージ、肉、野菜、豆を煮込んで、その煮汁で炊いた米を付け合わせたポルトガル風ポトフ。

だそうです。

ポトフか??超ヘビーです。

ポルトガルの肉と言えばコレなんでしょうね・・・

食わず嫌いはいかんと思って、吐き気と戦いながら2/3は食べました。

これは厳しかったです。

お店の方にも申し訳ないので、二度と頼まない様に料理名を覚えました。

っていうか、表のメニューに思いっきり書いてありましたわ

コジード・ア・ポルトゲーザって。

img_8066

反省。

 

日替わりメニューは本当何が来るか分からなく

少しドキドキしながら色々試せるので、失敗しても止められません。

ま、肉は避けてしまいますけれども。

img_8526

このスープに入っている食材は何でしょう?

img_8525

無味無臭歯ごたえも無く、何の特徴もないのです。

完食したにも関わらず、予想もつきませんでした。

誰か教えてください。

 

食堂だけでなくレストランも沢山あります。

観光客が惹かれやすいのは川沿いのテラス席でしょうか。

img_8390

名物魚料理といえば バカリャウ(干しタラ)です。

調理法は色々あって、店員さんおススメのグラタン風をいただきました。

Bacalhau con nata

img_8382

タラとジャガイモのグラタン、パン付きで美味かったです。

酒のつまみっぽくなく、食事向けの味付けが◎(12€)

img_8387

テラス席は喫煙可。気分良いですねぇ。

 

NATA(ナタ)という単語は、日本語でエッグタルトと言われるお菓子だけを指すかと思いきや

クリームという意味があり、クリームソースを指す場合もあるのね。

クリーム系が食べたい場合は「NATA」を選べば正解です。

 

Nata Salmao

img_8713

サーモンクリームのパスタですね。

豪華なレストランで、ガッツリ食べてしまいました。

冬枯れの街路樹と川を眺めながら。

img_8709

川沿いの誘惑に負けてばかりです。

エスプレッソで〆て、あぁ満足。(20€)

 

ポルトガルでは肉肉プレートだけに注意して

レストラン・カフェ・ジェラートも全部

img_8478

外食三昧を楽しもうと思います。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



臓物入り肉の盛合せは厳しかった:ポルトガル飯」への2件のフィードバック

  1. あいこ

    うわ臓物わたしも無理!
    ポルトガルって魚とかスイーツのイメージなかったけどたくさんあるんだね!

    返信
    1. takako 投稿作成者

      あいこちゃん

      後で写真見るだけでも吐き気がこみ上げる・・・
      だけど食べましたよ、代表料理だから。

      スポンジが美味いよ。さすがカステラの国だ。
      パサパサしてなくてしっとり生地なのです。

コメントを残す