高級バーニョとハリボテを崇拝する密教:スニル

2016/3/7 1ケツァール=15円

今日は高級な温泉施設「サンタ・マリア」に行ってきました。

浴槽はタイル張りで新しく、天井が高いからのぼせにくいし

外観はこんなに立派です。

IMG_3703

料金は、昨日のコンクリ風呂の2倍 20ケツ。

 

スニル行きのチキンバスで終点まで行き、

進行方向に歩いていくと右手に見えてきます。

 

※行き方・コンクリ風呂については昨日の記事をどうぞ →

温泉最高!個室でのんびりできるバーニョ:スニル

 

内装はよく言えばスパ風かな?

IMG_3719

でも、これで倍値ならコンクリ風呂で十分かなぁと思いました。

IMG_3720

 

「サンタ・マリア」の近くには、「カサ・デ・サンシモン」という

カトリック&土着信仰のMIX宗教施設があるらしいので

行ってみることにしました。

 

サンタ・マリア左側の坂道を上がり、道なりに進みます。

 

なかなか見えてこないので、現地のおばさんに聞いてみると

「あんた、そんなトコ行くのかい?あんな悪い場所行くもんじゃないよ!

あーぁ嫌だ嫌だ。悪いどころか最低だ。」

ものすごく嫌な顔をして、半分叱られました。

 

他の人の反応も悪く「は?」って感じです。

笑顔も皆無。子供も然り。

一応「あっち」だとは教えてくれますが、軽蔑が込められている様な。

あんまり人気ないのかしら。

 

あー、これだ。中にろうそくの炎が見えます。

IMG_3717

こういう場所は慎重にいかないと・・・

何がNGなのか全く分かりませんからね。

難癖付けられリンチされても適いません。

 

見張り番的なおじさんに「入ってもいいですか?」と聞くと

「どーぞ」と言ってもらえました。

 

サン・シモンってそもそも何なのか??

昔シモンという金持ちスペイン人がいて、その人に頼むとどんな願い事も叶えてくれた

→ それに見立てたハリボテを作って現世利益の神としたそうです。

 

確かにハリボテは白人男性です。

 

祭壇で儀式を執り行っている最中だったので、横でおしゃべりしている女性に

「写真を撮ってもいいですか?」と聞いてみました。

「私じゃ判断できないわぁ、△△に聞いてあげる。」と、

祭壇の上にいる女性に聞いてくれました。

 

少し位の高そうな女性が祭壇の上から

「こっちまで上がって来るなら5ケツ、写真は10ケツよ。」だって。

「写真だけ」と言って10ケツ渡しました。

 

そうして撮った写真がこちら。

IMG_3718

IMG_3708

ハリボテにズームインしてみましょう。

テンガロンハットをかぶり、スーツを着て煙草をくわえています。

IMG_3716

赤いのを巻いた人が司祭の様で、何やら唱えながら信者の身体を撫でていきます。

ろうそくの色によって、願いのタイプがあるみたい。

恋愛成就、健康、仕事、学業、呪い、商売繁盛なんでもあり。

IMG_3704

人気があると本で読んだのですが、全くそんな感じはしませんでした。

 

アティトラン湖のほとりにある:サンティアゴ・アティトゥラン

アンティグアから行ける:サン・アンドレス・イサパ

グアテマラにはスニルの他にも上記2か所あるので、

それらはまた違った雰囲気なのかもしれません。

気になるなぁ。

 

山間の小さな町ですが、ちょっとした珍像もあり面白かったです。

IMG_3700



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す