生理的に受付けない!っていうどーでもいい話

2016/2/29

新しいホストファミリー宅での生活が始まった。

終了する予定だった生徒が延長した為、結局私1人じゃなかった。

scream-307414_640

お金持ちってさすが美味いもん食べてるんだなぁ。

※昨日の記事も合わせてどうぞ → 美味い料理vs素朴なホームステイ:アンティグア

一般宅のご飯って感じだ、昼夜全く同じだったりする。

 

まぁ、いい。ここまでは。

 

グランマは話しかけてくれるし、赤ちゃんはあまり泣かないからOK。

ストイックにスペイン語の練習をしようなんて、珍しくヤル気を見せた結果だ。

 

しかしダディが、度を越したデブだった。

 

推定20代だと思われるが、座ってるだけで息切れしてる。

口呼吸でゼーゼー言ってるタイプ。

 

あぁぁこれはダメだ。

 

いわゆる

生理的に受付けないタイプだ。

 

子持ちだから、受付ける女性はいる。

既にここで7週間ステイしてる女の子とも仲が良い。

彼女は25歳。医者のたまごなんですって。

スペイン語は上手だし、積極的に話しかけてくれる

とってもかわいいインド系の娘。

 

生理的に受付けないっていうのは、どうしようもない事で

迷いが生まれないのが最大の特徴。

 

派遣先に生理的に受付けない人がいると、すぐ辞めるでしょ。

どうしようかな?って迷わないんだよね。

 

「○○部長がどうしてもムリ。居るだけで気持ち悪い。」

「××課長とは仕事の話すらしたくない。声がきもい。」

こういう会話が女子トイレやロッカーでされるのは日常だもの。

 

動物の鳴き声みたいなイビキも我慢ならん。

 

これは迷わない。

またステイ先を変えるってのも微妙だし。

 

アンティグアの学校は、たった1週間で打切りにしよう。

IMG_3625

医者のたまごちゃんが

「アンティグアで太って、パンツのボタンが閉まらなくなっちゃった」だって。

んまーー恐ろしい!!

確かに、ここの食事は全体的に「激甘」だもんな。

砂糖、恐るべし。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す