地味だけどクスリと笑える地獄寺 ワットガイ:アユタヤ

ワット・ガイ

なんだい、ジロジロ見てんじゃないよ。見世物じゃないんだよ。

ジロジロ見るな

 icon-comment おススメポイント

アユタヤから日帰りでいけること。

お寺の規模は小さく、全体的にコンクリ像が灰色で地味な印象だが

そのぶん参拝者も観光客もおらずマイナー感があるので、地獄気分が味わえること。

 icon-check-circle-o 行き方

アユタヤ チャオプロム市場から近隣へのミニバスが出ています。

ワットガイまでのバスはなく、ロッブリ川沿いを北上し、後はバイタクで向かいました。

帰りは32号線まで屋台のおばちゃんに送ってもらい、アユタヤ行きの大型バスを拾いました。

32号線北上ルートでも行けそうですが、ハイウエィにぽつんと降り立つ羽目になります。

目印になるような建物もありませんし、誰もいないと不安になります。

 

ひっそり感が漂いますね。

訪問時お坊さん一人と、屋台のおばちゃん二人しかいませんでした。

全体像

とたん屋根の下もがらんとしていて

寂しそうにお猿さんが謎の乗り物に乗っています。

サルと乗り物

こういう方もおられます。

ちょっと内股気味なところがカワイイ。

こんな方も

嘘をつき者達でしょうか、舌が伸びきったり、抜かれたり、イモムシに侵されたりしています。

尿土処(煮立った尿や便)を無理やり飲まされる刑では

腹の中からこういう虫が湧きます。

これらは、地獄の中では「一番マシな階層」に位置しています。

かかってこい

淫乱者達が落ちる衆合地獄には「地獄ツリー」があります。

地獄ツリーのてっぺんにはセクシーなお姉さんがおり、あはぁーん icon-heart-o としています。

淫乱な罪人たちはお姉さんを目指して木を登ります。

木にはトゲトゲがあり、身を切りながらも、無類の女好きなので登ってしまうのです。

やっとの思いで上まで登ると、お姉さんはパッと消えてしまい、罪人は下に落とされます。

通常はこのストーリーにちなんだ地獄ツリーが多いのですが、これは・・・

ただの生首コレクションでしょうか。

てっぺんにお姉さんいないし。

賽銭箱付。

地獄ツリー

登り切る前に玉をカラスにつつかれてしまったエロおやじ。

クリーンヒット。

女好きそうなおやじだなー、メーカーさんやるなぁ。

地獄ツリー玉

こちらもクリーンヒット。

ムエタイの国タイらしい作品です。

ムエタイ

地獄の刑期は恐ろしく長いですし、刑をひたすら延々と繰り返す厳しい所です。

だから皆さん懇願します。

「地獄行きにしないでください」閻魔様に圧倒的懇願・・・

あ、一人してませんね。

懇願

罪人が灰色で血も少なく派手さはありませんが、

ちょいちょいクスリと笑わせてくれる所が好きですね。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す