バスで行ってみよう!:ロヴェチからデヴェタシュカ洞窟

2018/8/27 1ブルガリアレフ=66円

ヴェリコ・タルノヴォからロヴェチ

そしてデヴェタシュカ洞窟へ行ってきました。

行きにくい、行けなかった等のブログも読んでいたし

ブルガリアの不便さは実感していたので

余裕を持って一泊プランで臨みました。

 

実際は拍子抜けする位あっさり往復できたので

ちょっと自慢したいと思います。

・ヴェリコ・タルノヴォ→ロヴェチ

ヴェリコ・タルノヴォにスーツケースを預け出発。

時間は前日にバスターミナルへ出向き調べておきました。

インフォメーションセンターで得た情報とやっぱり違う。

相変わらずのブルガリアだぜ。

8:00,12:00 2本のみ。11レフ。

8:00発のバスは10分遅れで出発し

9:30にロヴェチのバスターミナルに無事到着しました。

 

※ロヴェチ→ヴェリコ・タルノボ

14:55,16;30 2本のみ。

 

・ロヴェチ→デヴェタシュカ洞窟

さて、窓口の担当者はおば(あ)ちゃんです。

ブルガリア語のみを話し、地図でブルガリア語を見せても老眼で見えない。

面倒だからシカトしちゃおうとなるパターンです。

私の発音が悪いのか、おばあちゃんの耳が遠いのか

デヴェタシュカケーブを聞き取ってもらえません。

近くにいた男性に、Деветашката пещера

と声に出して伝えてもらいました。

彼の発音は通じた様で時間を書いた紙をくれました。

レフスキ行が1本、レトニスタ行が2本あるのね。

それにしてもこの時間配分。

ブルガリアだぜ、まったく。

 

身軽とはいえ一旦荷物をホテルに置きたいので

10:40は見送ることに。

これで行ってたらヴェリコ・タルノヴォ日帰りが可能です。

 

ロヴェチの街は坂が多くて、歩道がガッタガタ。

スーツケース引きずるのは大変そうです。

 

橋の中にはインフォメーションセンターがあり

帰りのバスの時間でも聞こうと思ったのに

私の訪問した月曜日はお休み。

使えねぇなぁ。

 

ホテルのお姉さんにも聞いてみました。

「え???バスで行くの?やめた方がいいわ・・・

だって帰りのバスが来ないかもしれないし

通ってもバス停以外じゃ止まらない可能性だってある。

あぁ心配だわ。バスなんて、バスはダメよ。

皆は車で行くのよ。

タクシーがいくらか聞きましょうか?」

ブルガリアのバス、ブルガリア人からの信頼度かなり低いです。

「前に行ったっていう人もいるから、きっと大丈夫」と

しきりに止めるお姉さんを振り切りホテルを出ました。

 

時間はころころ変わるくせに、けっこう定刻なのね。

バスは12:30ピッタリに出発しました。

20分程爆走して洞窟付近で下車。

運転手さんがしきりに「17:00」を強調していました。

 

幹線道路から洞窟入口までは、地図で見るより近くに感じました。

入場料3レフを払っていざ。

エクスペンダブルズのロケ地へ。

観光客はちらほらといった感じ。

少々ジメっとする巨大洞窟内。

曇りがちな天気でも外からの光がまぶしく感じられます。

こういう自然の中に人工物があると不気味。

あまり奥まで行くことは許されておらず

予想ほど観光はできませんでした。

それでも、ぽっかり空いた岩間からの光は美しく

異空間体験はできたので満足。

ゆっくり歩いて滞在時間30〜40分といったところです。

 

さて、幹線道路まで戻って気長にバスを待つとするか。

今回はバス待ちだけじゃなくて

初のヒッチハイクも視野に入れるかと道路に立ちました。

 

お、一台目の車がやって来ます。

取り合えず乗る素振りを見せなくてはと思い

腕を横に伸ばし、おいでおいでしました。

すると車が減速しているではありませんか。

減速するにつれて、その車がミニバンだとわかり

さらにはボードにロヴェチと書いてあるではありませんか。

 

なんとまさかの一台目でミニバンがつかまりました。

1時間待ちくらいは覚悟していただけに、自分でも驚き。

ラッキーラッキーラッキー。

 

このミニバンはロヴェチが最終目的地ではない様で

ロヴェチで降りない人もたくさんいました。(2.5レフ)

レトニスタ発のバスは少ないのかもしれませんが

他の路線でロヴェチ経由するバスはあるんじゃないかな。

それに17:00一本だけというのも考えにくいかと。

後日、私が乗ったレトニスタ行を運転していたおっさんが

14時半過ぎにロヴェチのバスターミナルに戻って来たのを目撃しましたから。

時間的に折返し運転してるってことじゃない?

という事で、何とかはなります。

 

ただいまーとホテルに戻ると、お姉さんが残念そうな顔をしています。

私の帰りがあまりにも早かった為、行けずに諦めたと思ったみたい。

「洞窟行ってきましたよ、バスもちゃんと来ましたよ」

笑顔で伝えると、ほっとした様な顔を見せてくれました。

「安心したわ」

ゲストを心配する優しいフロントスタッフさんでした。

 

ロヴェチには安宿も、パッとする名所もありません。

なのでソフィアやヴェリコ・タルノヴォからの日帰りを

挑戦してみるのもありだと思います。

全て運次第にはなりますけどね。

ブルガリアですから。

関連記事:バス・鉄道情報は現地収集のみ:ブルガリア移動まとめ



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す