6月のウユニは鏡張り&真っ白な塩湖が静かに楽しめる

2016/6/19-20

1DAYツアーとサンライズツアーに参加しました。

鏡張りと真っ白な塩湖の両方を見る事ができましたが、やっぱり私は日本人。

IMG_7837

鏡張りの方が興奮しました。

さすがアジア人ご用達のHODAKA社!

乾季でもかろうじて水が溜まっている場所へ案内してくれました。

 

ツアー内容はこんな感じ。

列車の墓場→コルチャニ村→塩のホテルでランチ→撮影大会→イスラ・デ・ぺスカド→夕焼け

10:30~19:00まで忙しく動き回ります。

IMG_7753

ウユニのトリック撮影の写真は、ブログでたくさん見ていましたが

いざ撮ろうとするとものすごく難しいのです。

プロのガイドさん無しでは、こういう写真を短時間では撮れないと思います。

IMG_7755

私達のガイドさんは、大当たりでした。

ありがとう!リガルド!!

IMG_7780

楽しませてくれようとするし、一応英語でも話してくれ

動画やトリックアート撮影にも協力的でした。

 

他グループの人の話だと動画撮影が無かったとか。

運ですね、これは。

 

乾いた塩湖が素敵に感じられたのは、イスラ・デ・ぺスカドからの眺め。

巨大サボテンと岩山、真っ白な塩湖のコラボは美しかったな。

IMG_7793

 

夕焼けは、水が溜まっているエリアに案内してもらい

鏡張りも見る事ができました。

何だろう・・・乾いた大地では感じなかったこの興奮。

1466477850593

日本人が鏡張り大好き!っていうの本当ですね、本能ですかね。

鏡張りゾーンにいるのは、ほぼアジア人。白人皆無です。

IMG_7864

私達のグループは、日本人3人、ボリビア人3人、コロンビア人1人。

彼らも鏡張りエリアの方がテンション上がってました。

 

サンライズツアーも鏡張りエリアに行きましたが、ほぼアジア人。

夜空鑑賞も含まれている為、朝4時出発です。

 

それで星空が見えればいいですが、満月の為空が明るく全く見えません。

車の中でひたすら7時の夜明けを待つという、極寒ツアー。

IMG_7935

いや、外で待ったっていいんですよ。

マイナス7℃の中、塩の氷水の中に足を突っ込んで。

無理無理・・・「よし!!出るぞ!!行くぞ。」と気合を入れて、

皆交互に外に出ては車に戻るを繰り返していました。

 

空の色が変わっていく様は本当に美しく、

外に出て「さむいーー」と大声を出して気を紛らわせるのもまた楽し。

IMG_7944

乾季のウユニ舐めてましたね。

あかぎれして血が出ても気付かない程寒いです。

乾燥通り越して、擦り傷っぽくなる程寒いです。

1466477739494

日本人的ハイシーズンの12~1月はここまで寒くないそうです。

でも、この時期にも良い点はあります。

人が少ないこと。

この日の穂高サンライズツアーは車たった3台。

ハイシーズンには30台出動してるそうです。

 

だから、こんな貸切感はローシーズンならではかも。

一緒になったツアー客の日本人は、社会人の方ばかり。

大人のグループは、私的にとても居心地が良かったです。

1466479952052

ま、はしゃぎましたけどね。

大人のウユニもいいもんですよ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



6月のウユニは鏡張り&真っ白な塩湖が静かに楽しめる」への2件のフィードバック

  1. あいこ

    わーほんまのユウニ湖の鏡張りだ!!
    すごいすごい!!
    トリックアート見てるだけでテンションあがる!!
    乾季だと水なくなっちゃうんだね
    知らんかった
    てかマイナス7度とか寒すぎるから(><)

    返信
    1. takako 投稿作成者

      あいこちゃん

      トリックアートは結構大変なんだよ(*_*;
      変な姿勢で静止したりしえ筋肉痛になりました。

      写真からはそんな苦労が感じられないけどね。
      そして乾季は極寒の覚悟が必要です。

コメントを残す