メキシコを快適に旅するコツ 代案は自分から

2016/1/2

メキシコ入りして約3週間。

たくさんの人に助けてもらい、時々からかわれながら快適に旅をしています。

IMG_1827

メキシカンは下手くそなスペイン語を聞こうとしてくれるし、

何かを尋ねると親切に教えてくれます。

そう、聞いた事に対してだけは。

 

昨日、バスに乗り間違えて目的地までの途中で下車した時

たくさんの人にEl tuleはどこですか?って聞きました。

昨日の記事も合わせてどうそ→アメリカ大陸最大の巨木エル・トゥーレ

 

みんな指をさし「あっちだ、ずーっと真っすぐだよ」と教えてくれます。

あたかもスグそこに目的地があるかの如く。

だから、歩いて行けるものだと思い→1時間位歩いてしまったのです。

 

質問「◎◎に行きたいのですが、どこですか?」

答え「ずーっと真っすぐ、あっちだよ」

 

この質問に対する答え、方向も合っています。

 

しかし、後にタクシーに乗って分かったのですが

私達のウロウロしていた場所から目的地までは

国道を車でぶっ飛ばし10分以上の距離があったのです。

 

歩ける距離じゃないじゃん・・・

 

あまりにも目的地が見えて来ず、疲れ果てた時

はじめて「そこまで歩けますか?」と聞いたところ

「それは無理よ。タクシーで行きなさい。」と、初めて遠い事が分かりました。

 

 

長距離バスのチケットカウンターでも同じ様な事があったな。

IMG_1795

購入したチケットを「キャンセルしたい」と申し出たところ

NO,NO,NO,そんなの無理に決まってるでしょ」と門前払い。

 

「では、変更はできますか?」と聞くと

「OKよ、日にちと時間はどうする?」とあっさりOKだったり。

 

ホステルで出会った旅人も、似た様な体験をしていました。

 

「深夜便で行きたいのですが」と時間帯を指定して聞いたところ

NO,NO.深夜便はないわよ」と門前払い。

 

列に並び直して「時刻表を見せて下さいと」と言ってPC画面を見ると

23:30発があったそうです。あるじゃん!深夜便的な時間。

まぁ、確かに正確な深夜ではないけれども。

 

親切なのですよ、とっても。

しかし、聞いた事以上の情報はたぶん得られない・・・っぽいです。

 

 icon-comments 今後の教訓

質問のバリエーションを増やして、欲しい情報を引き出そう。

そして、門前払いされた時の代案は自分から!



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す