やれば出来るのに…低品質な張りぼても面白い

2016/1/19

原色使いで、発想が自由なメキシコアート。

街にも何気なくハイセンスな物が置いてあります(グアダラハラのソカロ)

IMG_1124

巨大な宇宙人っぽい形の椅子でしょ。

IMG_1457

皆さん一緒に写真を撮っていますね、人気ゾーンです。

IMG_1449

名高いアーティストもたくさん輩出してるし、

土産屋さんの置物もカラフルでとっても素敵なんですけどねぇ。

IMG_1338

関連記事も合わせてどうぞ→セルヒオブスタマンテの世界:トラケパケ

 

やれば出来るのに、街にはロークオリティな物もあふれています。

 

張りぼて屋!!

この手のお店をちょくちょく見かけます。

IMG_2009

紙を固めて形を作って、雑に色を塗ってあるだけの置物たち。

悟空やスパイダーマンらしき方達が奥に見えますが、ひどい仕上がりです。

IMG_2010

盗まれない様にロープでガチガチに防犯対策してありますし、

毎日店の前を通ると、ディスプレイ位置を変えている事に気づきます。

IMG_2011

店員さんが一生懸命はりぼてを拭いていて、

大切に商品を扱っている印象を受けました。

 

こんなの需要があるのか?と思いますが、見かけるんですよね。

 

クリスマスシーズン中、星形のはりぼてが至る所に飾ってあり大人気。

変な置物は市場の食堂にも置いてあるし、

車に乗っている愉快なやつもいます。

IMG_2495

 

では、お店が無くなってしまい、置き場所に困る張りぼての行方は?

 

このエビは紙ではなく、コンクリ造りなので長持ちなのでしょう。

ロープで縛られ店裏で一匹待機中です。

IMG_2648

早く次のレストランが見つかるといいね。

 

ハイセンスな芸術品から、ツッコミどころの多いはりぼてまで

メキシコはアートも楽しめる国でした。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す