かわいい!悪魔博物館のデビルたち:居心地良かったカウナス

2018/6/14

悪魔の像がずらりと並ぶ「悪魔博物館」

個人コレクションの趣味から始まって

ファンからの寄付も手伝い集まったデビルたち。

マイナーな博物館なのですが個人的には好きです。

やはりクスリと笑える作品はいいですよね。

 

いいなぁ~、この自由な世界観。

一応軽いテーマと国毎に分かれてはいるものの

ここは自由な妄想でいいんじゃないですかねぇ。

グループものはかわいさ倍増。

B級感がたまりません。

歴史について熱く語る日もあれば、ぼーっとゆるーい日もある。

こんなカワイイ灰皿絶対使えませんねぇ。

これで完成品でしょうか。

美術の授業で学生のグループがスケッチに来ていました。

展示物の前に座り込んで描いているので若干邪魔でしたが

被写体にデビルを選ぶセンスは素敵かと。

彼らの中からデビルメーカーが生まれるのでしょうか。

ぜひぜひ面白作品をクリエイトしてほしいと思います。

木彫り、銅像、絵だけでなく、皿やガラス製も素敵。

期待以上の満足度で博物館を後にしました。

最後、トイレのドアまでもデビル。

悪魔博物館のお隣のスペースにも面白いオブジェがありました。

寂しそうなヤツとか。

後ろにひっそりと立ってるの不気味ですねぇ。

さらに悪魔博物館の周りだけでなく、街中に面白オブジェが多いのもポイント高い。

アリとキリギリスとクワガタ?

こういうのがあると街歩きが断然楽しくなります。

地下道の入り口にも。。。

犬の様なおっさんの様な、キュートな小人が。

正直、教会!!!どーーん!!とか石畳の旧市街とか

あまり興味が湧かなくて、リトアニア以降・・・

いやいやクラクフ入りした辺りから不安だったのです。

中世の街並みってやつは、教会に興味が無いと致命的だなと。

 

カウナスには悪魔博物館や面白オブジェ、KGB博物館や杉原千畝資料館など

旧市街以外の見どころがあるので良いスパイスになりました。

※関連記事 → リトアニアのKGB博物館を比較 ウソ!杉原千畝神話を信じるな

街もぎゅっとコンパクトなので過ごしやすかったです。

 

ーーー ::: ーーー ::: ーーー ::: ーーー

 

で、結局バルト三国はエストニアやめました。

ここまで来てバルト二国かーとも思いましたけどね。

おもちゃ箱みたいな美しい旧市街・・・はもういいかな。

シェンゲン圏なので国をまたいだ感が薄く、どうも新鮮味がありません。

言葉は変わってんなぁ・・・ぐらいで。

食べ物も、人の顔も、雰囲気も・・・同じに感じちゃって。

勉強不足といえばそれまでです。

 

他の国では地域性とかも感じるんですけど、中国やインドでは特に。

こちらの方達は穏やかだからかしら。

リガからベルリンに飛んじゃいます。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す