見た目はイマイチだけどイケる!ユカタン半島の名物料理

2016/1/18 為替:1メキシコペソ=6.3円

ユカタン半島にもたくさん名物料理があります。

IMG_2613

屋台で食べると、ポリスチレンの器に無造作にぽんと置かれるタコス。

暗い市場の食堂では、欠けた趣味の悪い皿にナミナミ注がれるスープ。

写真だと全然美味しそうに見えないけど、これら美味いんですよ!!

 

カンクンのセントロにある「パラパス公園」には屋台が出ています。

物価がメキシコ一高いカンクンでは、ありがたい存在です。(タコス20ペソ前後)

その中にユカタン半島名物を出すお店があり、タコスをいただきました。

IMG_2629

 

サルビューテス

とうもろこしの生地をふわっと揚げたトルティージャ。

やわらかいので、揚げてあるのに丸めて食べる事ができます。

具はお店のショーケースから鶏肉を選びました。

IMG_2630

 

パヌーチョス

IMG_2631

豆入りトルティージャを揚げて、パリパリに。

こちらはコチニータピビル(蒸した豚肉ピリ辛名物)乗せです。

 

トルティージャの生地にこだわりがあり、地域性が出るんですね。

冷めると味が落ちるので、必ず注文を聞いてから調理してくれます。

 

 

カンクンで、屋台以上+レストラン以下な存在「メルカド28」

ボリュームたっぷり&メニューの種類が多いので、短期旅行者にもおすすめです。

 

ポック・チャック

IMG_2639

名物料理で必ず紹介されている一品ですが・・・

ただの豚肉の薄焼きにしか思えませんでした。

ユカタン・オレンジに漬け込んであるかー??

塩コショウの味しかしませんでしたけど。舌バカで気付いてないのか私?

他地域では豚肉をあまり食べないので、その点ではユカタンらしいかな。

 

ティキン・シク

IMG_2638

ポジョ・ピビル/コチニータ・ピビルの魚版。

赤いソースに浸して、バナナの皮で包み蒸し焼きにする調理方法は同じです。

あっさりしているので、タコスチップスとの相性が◎

上記2品+ジュース2杯+チップ込みで303ペソ。

 

 

メリダの「ルーカス・デ・ガルべス市場」の2階に名物料理を出す食堂が数件あります。

1階よりは市場臭くなく明るいので、食事をする環境としては許容範囲内。

IMG_2607

テーブルの上には雑草が生けられていましたが、まぁ良しとしましょう。

 

ソパ・デ・リマ

IMG_2610

鶏肉とライムをベースとした酸味の利いたスープ。

アボガド・レタス・きゅうり・玉ねぎ・トマト等の野菜がたっぷり入っていました。

もちろん一緒に出てくる揚げトルティージャはスープに割入れていただきます。

 

パボ エン・レジェノ・ネグロ

IMG_2612

これも見た目程ひどくないんですよ。写真じゃ全然伝わりませんが。

モーレソースの様だけど、さらりとしていて、ごはんと合わせるとカレー風。

蒸し鶏肉とゆで卵入りでした。

価格表示がしてなかったので、上記2品で言い値110ペソ。

 

レストランやカフェに入ると気分がいいし、清潔だけど・・・

Q:レストランと屋台でそんなにが違うのか?

A:いやぁ・・・スタッフの制服・テーブルクロス・空調・皿代なんじゃないかしら、

その3倍の値段設定は!って思っちゃいますねぇ。

 

メキシカンフードのクオリティは大差無いし(多分ですけど)

欧米食は自分で作った方が美味しいもんなぁ(個人的にですけど)

だから屋台や食堂に足が向くのです。

 

メキシコシティからカンクンまで、各地域の料理を楽しみながら旅してきました。

↓↓過去の記事もどうぞ↓↓

庶民食から郷土料理まで全てが美味い:食の街プエブラ

美味!オアハカ名物が揃う屋台で満腹になる

 

メキシコは広く、美食大国でした!!

そうですね、肥満大国なのも超納得です。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す