罪人にパンツは不要だと思う ワット・セーンスック:バンセーン

2017/1/22 1TB=3.2円

バンコクから日帰りでバンセーンへ行ってきました。

ビーチが目的ではありません。地獄寺へ直行です。

IMG_2418

地獄の規模は小さめですが、お隣に中華系寺院もあり

全体的に珍コンクリ像が豊富で満足度の高いお寺でした。

 

BTSスクンビット線 Ekkamai駅横の東バスターミナルからバスが出ています。

10番カウンターでバンセーン行を買いました。(100TB)

IMG_2528

他にも南部行きで途中下車という方法もありますが、

カウンターのお兄さんが手招きしていたのでココで。

バンセーンビーチからはモタサイ利用。(40~50TB)

 

Wat Saen suk

地獄寺の臭いがぷんぷんする入り口です。

腹の穴をめがけてコインを投げ入れる、ゲーム感覚のお布施。

IMG_2374

こっちの小坊主は、コインを入れると喋りました。

IMG_2520

ちゃんとイメージ通りの子供っぽいアニメ声でした。

おじいさんの声を使わないっていう芸の細かさ。

 

さぁ、炎天下の元行ってみましょう。

IMG_2380

地獄の入り口には、おなじみ地獄鍋。

IMG_2387

何だかこれを見た時、違和感があったのですよね・・・

鍋を取り囲む、動物人間達。

竜人間はちょっとカッコいいですね。

IMG_2393

エビ人間のクオリティは高かったです。

IMG_2396

動物人間は別に違和感がありません。

 

何が引っかかるのか??

 

パンツだ!!!

緑のパンツが変なんだよ。

IMG_2415

罪人って基本裸でしょう。

何か身に着けていても、地獄の番人同様の布っぽいのね。

こんな不自然な原色パンツのせいで

地獄感が台無しだと思うのは私だけでしょうか。

IMG_2410

このお寺、バンコクから日帰りで来れるというので

白人のツアー客がちらほら来ていました。

英語表記もあるし。

お布施が集まったので、パンツを描き足してしまったのかしら。

先のブロガーさんの写真では、こんなの履いてなかったもん。

余計な事を・・・

そんな所にやる気出さなくてもいいのに。

俺らにパンツなんていらねぇよ、なぁガイコツよ。

IMG_2430

皆、地獄大好きなんだから。

地獄観が損なわれるのは残念です。

IMG_2399

動物人間達が許しを乞うている場面です。

IMG_2420

鳥さんの目が真剣そのものです。

IMG_2423

こちらの人は目玉が落ちかけています。

IMG_2421

目玉なし人間も。

IMG_2422

なかなか表情がリアルで良かったです。

 

色々な教えコンクリ像も、妄想しながら見ていくと楽しいものです。

 

家庭崩壊の様子みたいですね。

「さよなら、おじさん。」若い女にはあっさり捨てられるわ、

奥さんには棒で殴られるわ。

IMG_2449

「俺はミュージシャンになるんだ!」

「何をバカなこと言ってるんだい、全く。」の様子。

IMG_2454

良い子、悪い子の対比。

両目あっかんべーしてる子の形相が迫力ありますねぇ。

IMG_2466

十字架に張り付けられた挙句、沈められています。

何でしょう、新手の修行でしょうか。

IMG_2464

得意げなオヤジの顔とポーズ、意味不明ですが何故か完璧です。

IMG_2460

こちらの方は、真顔で自ら腸をカラスに与えていますね。

IMG_2440

各像に説明があるので、タイ語が読める人ともう一度来たいです。

 

中華ゾーンにも面白コンクリ像がありますよ。

必死にお布施をねだる方。

IMG_2489

メルヘンちっくな方と動物。おねえでしょうか。

IMG_2490

わしの心には仏がおるのじゃ。

IMG_2483

わー得意げな表情ですねぇ。

地獄だけでなくバラエティに富んだコンクリ像が楽しめて

お腹一杯になれました。

 

さて帰りですが。

案の定、寺の前にモタサイは皆無。

ふらふらと大通り(3137線)を南の方に歩いてると

流しのモタサイを発見して乗る事ができました。

大通りといっても人通りは少な目です。

帰りの時間が遅くなると雰囲気が悪そうなので、明るい内に帰りましょう。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す