坊さんのセクハラはダメでしょ ワット・ロンサン:チェンマイ

2017/2/2

ワット・パチャロンタムへ向かう途中

108号線沿いに楽し気なお寺を発見したので

帰りに寄ってみました。

IMG_3435

漫画風で微笑ましいお寺だったのですが、

若い坊さんがセクハラ気味でがっかりしました。

 

・Wat Kantharam(Rong San)

※青ピンの記事:統一感の無さが素晴らしい ワット・パチャロンタム

 

赤ピンのお寺、google mapではWat Rong San

お寺の前にはWat Kantharamと書いてあります。

IMG_3433

外からかなり面白いので期待が高まります。

IMG_3438

何か言いたげですな。

IMG_3443

公園みたいな涼し気な道を進んで行くと・・・

IMG_3444

普通の門に、普通の外観です。

IMG_3480

あ!!門の左側を見てびっくり。

IMG_3447

ベートーベン風の方が埋まっていました。

ベートーベン

意識してますよね、彼ですよね。

でも楽曲作成中ではなく、ティータイムという。

ベートーベンの正面には、ほんと普通のお寺。

IMG_3446

獅子が前へ出る姿勢が素晴らしいです。

IMG_3449

僧房前には何故かドラえもんとのび太がいました。

IMG_3462

完成度は高めですね。

IMG_3463

のび太は相変わらず昼寝をしてだらけています。

なんかこっちのカエルもだらけてるし。

IMG_3461

こんな風に過ごすことが正なら、私もこうしていたいです。

彼の様に120%のパワーを出していたら疲れますからね。

IMG_3471

緑の方も気合入っていました。

IMG_3469

たまにお坊さんのお話を読んだり、聞いたりします。

どうせ死ぬのに何故生きるのか?

「人間に生まれて来れた今世は、学びのチャンスである。」

そうですね、解脱しない限り輪廻してしまうので。

頭では分かっていても煩悩が勝っちゃうもんね。

怠惰なのが罪なのであれば、私は確実に地獄行きです。

 

見ざる言わざる聞かざるハートフル。

IMG_3473

こんな感じで、全体的にゆるーい雰囲気が漂っていました。

 

ただねーーー冒頭にも書いた通り

ここのお坊さん(推定20歳)の一人がセクハラ気味でした。

こんな事はじめてだっただけに妙に気持ち悪かったです。

 

お坊さんでしょ?仏前でだよ?

 

お坊さんが軽く境内を案内してくれる事はたまにあるので

今回も「境内に入ってもいいよ。」くらいの感じに受け取り

彼の後に付いて入りました。

 

私は直射日光を避ける為、暑くてもパーカーを着ています。

それを見たエセ坊主「暑いでしょ?脱いだら?」って

パーカーに手をかけてきたのです。

 

「ちょっと触らないでよ、日焼け防止なんだから。」

言葉が通じないので、日本語で小さく振り払います。

 

もーなんだコイツ?と思って帰ろうと立ち上がると

お参りがきちんと済んでないだの、手の位置が低いだのなんだのって

ベタベタベタベタ触ってきやがって。

あり得ない状況なだけに、超不愉快。

何なの?!このエセ坊主。

あんたのせいで余計に暑苦しいわ。

 

正しい作法を教えたいのであれば、自分でやって見せればいいでしょう。

ベタベタする必要はないと思います。

 

タイは大好きで、マイナーなお寺にもよく行きますが

こんな人初めてで・・・がっかり。

 

帰り際「ここで泊まればフリーだよ。」って他意はなくとも

この人に言われるとセクハラにしか聞こえない。

IMG_20170202_145022

コンクリ像は非常にコミカルで、真っ白な仏塔も真新しい

キレイなお寺だったんだけどねぇ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す