異彩を放つ白い寺!ワット・ロンクン:チェンライ

2017/1/31 1TB=3.2円

チェンライから1号線を南下すること約13キロ。

ワット・ロンクン(通称:白い寺)へやって来ました。

IMG_3067

タイ北部最大の観光地と言っても過言ではない程の

異彩を放ち、そこには独特の世界観がありました。

 

チェンライの第1バスターミナルから

「ホワイトテンプル」と英語で書かれたバスで簡単に行けます。

(20TB)

IMG_3044

バスには5人しか観光客は乗っていなかったのに・・・

IMG_3046

着いてびっくり!!列できてるじゃん。

IMG_3047

皆さん本堂?らしき建物を目指して一直線です。

入口付近にも面白いものあるのに。

赤いガイコツの上に酒瓶乗っていますよ。

禁酒キャンペーンでしょうか。

IMG_3050

横の木には首がぶら下がってますし。

IMG_3051

2頭バージョンもあったりして目を引くのになぁ。

IMG_3055

こっちは禁煙ですね。

炎の一部が手となり、喫煙中。芸が細かいです。

IMG_20170130_134344

チケット売り場の外から面白いので期待が高まります。

コーンの頭が多面骸骨って素敵すぎる!

IMG_3149

これらを素通りなんて信じられません。

 

それにしても中国人だらけでウンザリします。

IMG_3060

うるさいし、ぶつかってくるし、蛍光色の服で白い景観が台無し。

何でだ?進出具合がすごいな、いつもこうなのか?

 

あ!!!中国の旧正月だ!!

 

1月31日、ど真ん中!やられた。

観光地に来る時期を誤りましたわ。

IMG_3061

はぁ( ´Д`)=3

しかし来てしまったものは仕方ありません。

気を取り直して残骸オブジェを細かく見ていきましょう。

IMG_3068

かなり造りは細かく、見ごたえがありました。

IMG_3062

牛の角に顔が付いていたり。

IMG_3070

一つ目の妖怪っぽいのがいたり。

IMG_3075

普通にカッコイイやつもいます。

IMG_3065

なぜか戸愚呂兄の最後を思い出しました。

邪念樹に養分を永遠に吸い取られるという。

似てません?

戸愚呂兄

地獄では何千年にも渡り、刑が繰り返されます。

切り刻まれては元に戻り、また切り刻まれるといった具合に。

コンクリ地獄や地獄画からは、その「繰り返される感」って

なかなか伝わりにくいと思うんです。

うわぁ痛そう、グロい!って瞬間の感覚で。

でも、この残骸アートからは連続性が感じられる気がしました。

IMG_3064

ココ元々はチェンライ出身の芸術家がデザインした寺?なのです。

チャルーンチャイ・コーシピパットさんといいます。

ミギーだ!彼も寄生獣ファンなのかな。

IMG_3071

だから他のタイ珍寺・地獄寺のコンクリとは違って

アート性が強く完成度が高いのですね。

IMG_3072

手の中に、一本だけ真っ赤なマニキュアをしている指が。

IMG_3093

私は東南アジアの地獄寺をB級とよく表現していますが、

ワット・ロンクンに関してはA級ですねぇ。

地獄マニア気取りです。

 

この先にお坊さんが一人座っていました。

IMG_3097

それ以外は全然「寺」という感じはありません。

IMG_3125

フォトジェニック度が高いですね。

IMG_3139

もう美術品レベル。

IMG_3109

これをアートを呼ばすに何と呼ぶ。

IMG_3127

コンクリ像っていうか、オブジェだもん。

IMG_3128

爆音ロックがかかってるバーに置いてありそう。

IMG_3129

入場料50TBと、作品を売ったお金で寺は絶賛拡大中。

IMG_3115

UFOっぽい建物を建設中でした。

出来上がる頃にまた来たいな。

この時期だけは絶対に外して。

静かに邪念樹の世界観に浸りたいです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す