グロを求めるならココ!ワット・ミーケットノーイ:チェンマイ

2017/1/26 1TB=3.2円

グロい!!

ぐちょんぐっちょんのカオス地獄が広がる

ワット・ミーケットノーイ!!

IMG_2710

機械を駆使して罪人を切り刻み、すり潰すという発想も独特。

グロさに関しては、今までの中でピカイチです。

 

素晴らしい地獄なので、たくさん写真を載せたいと思います。

本記事「グロを中心とした直接的に痛い編」と

「不気味な間接的に怖い編」の二回に分けようかと。

 

行き方は超簡単です。

チェンマイからソンテウで1本。

お寺の真ん前まで行けちゃいます。(20TB)

Wat Mae Kaet Noi

トラックアイコン周辺(花市場北の川沿い)で

緑色のソンテウを探します。

IMG_2672

行きも帰りも30分と待たずに乗る事ができました。

 

入場料10TBを払って、いざ入地獄!!

おお、いきなり痛々しい機械が登場。

執行人の目が電球なのが気になりますね。

IMG_2694

首切り落とし機の様です。

IMG_2698

地獄道の脇には、沢山の人が埋められています。

IMG_2708

体に罪状が描かれている様ですね。

この人は賭博狂い。

IMG_2771

腕にテロリストっぽい絵が上手く挿入されています。

IMG_2707

こっちは・・・美人局でもしていたのでしょうか。

IMG_2775

一番びっくりしたのは、この方。

口から小さいヤツが飛び出しています。

IMG_2700

あ、またゴツイのが見えてきました。なんでしょう。

IMG_2760

手切り落とし機でした。

IMG_2758

すり潰しローラー。

IMG_2734

もぉーぐっちょんぐっちょん。

IMG_2780

ここまで腸が流出しているコンクリ像も中々ありません。

IMG_2774

牛バイクかっこいいー。

轢きながら真ん中のグルグルでえぐるというW攻撃。

IMG_2740

真っ二つ地獄も相当痛そうです。

IMG_2753

うわぁ・・・舌を立て方向に切られています。

IMG_2752

局部カットの像を見ると、いつも阿部定を思い出します。

IMG_2764

そして大島渚監督の「愛のコリーダ」を思い出します。

In the Realm of the Senses

新品価格
¥2,087から
(2017/1/29 00:24時点)


エロスという言葉じゃ語れない、美しい昭和の風景も描かれていて大好き。

しかし仏教の教えでは、淫乱はいけません。

IMG_2750

阿部定はこの地獄に落ちた事でしょう・・・

IMG_2786

でも、こっちのおっさんは全然辛そうじゃないんですけど。

IMG_2781

右手で胸を触り、左手をスカートの中にツッコんでるじゃん。

美人に囲まれて、むしろ天国じゃないのか。

これは多分、不倫カップル。

陰部を焼かれ腸をえぐられようとも、男は女の手を放しません。

IMG_2756

もーここまで行ったら、本気と見なしてあげてもいいのでは?

と思うんだけどなぁ・・・厳しいものです。

 

グロの中に少々の癒しもありますよ。

葉っぱと一体化した細身のお姉さん。

IMG_2763

木の陰から刑を見守るガイコツ君とか。

IMG_2689

あんな所にも。

IMG_2731

細さといいポージングといい、皆同じですね。

あ!

あのキレイなお姉さんも所詮ガイコツだよという教えかな。

 

こんなに面白い場所なのに、誰もいませんでした。

IMG_2858

木陰で涼しく地獄散策ができて良いのですが、

その分落ち葉がけっこうコンクリ像に乗っています。

それらを写真を撮る時に取り除くんですよね。

IMG_2687

こういう像に手を伸ばすのは、ちょっと躊躇します。

落ち葉の下から顔が出ると!ビクっ!てなります。

 

ね、グロかったでしょう。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す