超イケ面ドクターに尿の話をして診断書をもらう

2015/12/17 為替:1メキシコペソ=7.07円

昼と夜との寒暖差にやられました。

出発してまだ10日程しか経っていないのに体調不良です。

アイキャッチ

一番心配していた膀胱炎になってしまいました。はぁ・・・

数日前から嫌ぁぁ~~な感じはしていて、

常備薬の漢方とクランベリー飲んでいましたが、悪化。

 

長距離バスに乗ってグアダラハラに到着した時、発症!!!

(一等バス699ペソ 車内温度寒め)←原因はこれか

最悪だ。もう漢方の力じゃどうにもできないレベルだ。

 

ホテルに荷物を置いて、真っ先に向かったのがWALL MART。

超早歩きで、薬局を一目散に目指します。

 

薬局のレジのおばさんに症状を伝えると

「私は医師じゃないから、ダメよ。先生と話してちょうだい。」とのこと。

「えーー!病院に行かなきゃダメなの?ここに先生はいるの?」

「SI,あっちにいるから。」と先生の部屋に案内してくれました。

 

症状がひっ迫しているので、病院に行けって言われたらどうしよう?と不安でしたが

どうやらここで処方箋が手に入る様です。ほっ。

 

部屋をのぞくと、デスクのパソコン越しに男性ドクターが。

 

あっさり系の超イケメンドクターが。

イケメン

 

やだ、私この人に尿の話すんの?

 

タブレットの翻訳アプリで、日本語からスペイン語へ変換します。

「排尿時に激しい痛みがあります。残尿感もあります。」

「いつから?焼けるような痛みですか?」

 

文章の翻訳精度は甘いものの、意思の疎通ができたのでアプリさまさま。

スペイン語→日本語よりも、スペイン語→英語への翻訳の方が精度が高いです。

変な日本語になってしまったら、英語へ変換する方法は今後使えるなと思いました。

 

相談料?にあたる、30ペソをドクターに支払い、薬を無事手に入れました。

薬2箱で440ペソ。

薬はこ

開けてびっくり巨大タブレット!!!

これを朝晩1錠ずつ飲めという指示です。

錠剤

(ちなみに白い錠剤は、日本で売られている鎮痛剤イヴです)

 

一錠目は状況が状況なだけに即刻飲みましたが、

これを一日2錠飲んでいいものだろうか?と思い成分と摂取量を確かめてみました。

説明書きには、対象年齢18歳以上って書いてある・・・

年齢的には余裕なんだけど、身体の大きさ的にどうなの?と。

 

巨大タブレット 一粒あたりの成分

オフロキサシン 400mg、フェナゾピリジン 100mg

 

日本語のお薬サイトで調べたところ

「オフロキサシンは1日300~600mgを数回に分けて摂取する」とあります。

 

イケメンドクターの指示通り飲むと、一日800mg。

 

うぅーーん。

 

砕いて一日1.5錠、服用期間は言われた通り一週間。

これで完治させます。

 

出発後こんなスグ体調不良に見舞われて、先が思いやられて凹みました。

さーー、温かくして寝ます。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



超イケ面ドクターに尿の話をして診断書をもらう」への2件のフィードバック

  1. yoko

    欧州系のお薬は体が大きい人用で、1錠の量が多いので困ります。
    旅先でも薬は出来るだけ自国の薬に限りますね。

    返信
    1. takako 投稿作成者

      yokoさん

      本当に大きくて驚きました@@
      砕いて飲んでみましたが、大変苦いです・・・(苦笑)

      本当に自国のものが一番です。

コメントを残す