セルヒオブスタマンテの世界:トラケパケ

2015/12/19

Sergio Bustamante メキシコを代表する彫刻家

IMG_1232

グアダラハラ近郊の町トラケパケに、ブスタマンテの大型ショップがあります。

ブスタマンテ目的で向かったのですが、トラケパケの町全体が芸術的でした。

 

 icon-comment グアダラハラからトラケパケの行き方

バスで20分程度(6~7ペソ)

Av.16th de Septiembre サンフランシスコ教会前のバス停から乗車。

702~706の青バスだと観光案内所で聞いていましたが、

バス停にいたおじさんに275でも行くと教えてもらい、こちらを利用しました。

帰りはReforma通りで、グアダラハラ行647をタクシー感覚でつかまえました。

 

ブスタマンテショップのある Independencia通りは

とにかくお洒落で散歩が楽しかったです。

IMG_1366

レストランの食器やテーブルもかわいい。

IMG_1343

デザイナーの人達が、それぞれの作品を販売している感じです。

大型ショップを構えている人もいれば、路上で売っている人もいます。

 

公園では「ボラドーレス」を見る事ができました。

腰に紐を付けた人が、回転しながら降りてくるという伝統儀式です。

先住民族トトナカの人達が、日照りが続いた際「天に届くように」と

高い木に登って雨乞いをしたのが始まりだと言われています。

IMG_1346

4人のぶら下がっている人達は、火・水・風・大地に向かい願いを込めているそう。

IMG_1350

 

 

さて、お洒落ゾーンといえば買い物ですが、

ブスタマンテ並みの高級商品であれば、手が出ないので諦めがつきます。

IMG_1323

っていうか、もう値札すら付いてないし。

IMG_1299

IMG_1315

飾る場所もないし。

IMG_1318

 

広いお庭もないし。

IMG_1294

高級品はいいんです。

 

しかし・・・

憎い位カワイイのに、そこまで高くないもの。

これが困りものなのです。

普通に買えちゃう価格だと我慢しないといけません。

IMG_1372

小銭入れ、置物、Tシャツ・・・どれも気になるけど荷物が増えるから!と我慢。

ヒトラーが笑顔でワーゲンを視察している様子のポスター・・・なら買いだったけど、

A3サイズ弱・厚み2センチ程の木に張り付けされていたので断念。ずっしり・・・木が重い。

 

でも我慢ばかりではつまらないし、肉以外のものが食べたくなってきた頃なので

ランチはレストランで奮発することに。

IMG_1363

久しぶりの魚、パスタ、火の通った野菜、おいしくいただきました。

IMG_1361

お洒落ゾーンに行くと、なぜかお金を使いたくなるよね。

それは私だけ?!じゃないはず。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



セルヒオブスタマンテの世界:トラケパケ」への2件のフィードバック

  1. jun

    無事復活したみたいやね、元気になって何よりですわぁ。

    お腹を冷やさないように気をつけてねぇ。

    返信
    1. takako 投稿作成者

      junさん

      はい。やっぱり処方された薬はよく効きますよ。
      全部は飲みきれないので、お守り代わりに携帯します。

      腹巻必須^^

コメントを残す