ツアー利用客が多い訳:コバンから日帰りセムク・チャンペイ

2016/3/31

コバンからバスを利用し、日帰りでセムク・チャンペイへ行ってきました。

天気が良い日が続いていたので、写真で見たままの景色を眺める事ができました。

IMG_4088

コバン→ランキン→セムク 日帰りは可能です。

でもバスの本数が少ないので、帰って来れるかは運次第かと。

 

前日に下調べをしましたが、

観光案内所で教えてもらった情報と、バス乗り場でウロついているおじさんの言う事が違います。

 

どうやら朝6時発のランキン行きはありそうですが、その後のバスの時間があいまい。

適当な様です。

 

早いに越した事はないけれど・・・5時台はまだ真っ暗。

そんな中バス乗り場へ行くのは怖いので始発は諦めます。

 

明るくなり人もチラホラ歩き始める6時にホテルを出て、バス停に向かいました。

 

「コバンーランキン」とフロントガラスに書かれたミニバンを発見!

一番乗りで他の客を待ちます・・・

一時間半以上経過しました・・・

 

と、運転手、不意打ち7時50分に出発!・・・なぜ。

いや、いいんだよ。行ってくれればいいんだよ。さぁ行こう。

 

出発してから1時間はアスファルトの道ですが、後半の1時間は未舗装の道路。

車内が空いていればまだ良いですが、乗車率100%超時には相当堪えます。

 

途中、欧米人観光客を乗せた中型バスと数台すれ違いました。

上にバックパックを山ほど積んでいるので、すぐそれと分かります。

ツアーで行く人が多いのかなぁ、ランキンかセムクで1泊した帰りですね。

 

ランキンに着いてからも個人旅行者の試練は続きます。

ランキンからセムクまでの、ピックアップトラックがありません。

 

立ち乗りスタイルのトラックなのですが、田舎で人が集まらないから頻発はしていない様です。

 

個人で来る観光客は稀なのね、どうしよう・・・

トイレでも行って落ち着こう・・・

 

レストランに入ると、欧米人観光客6人+ガイドを発見!

ちょうど朝ごはんが終わったっぽい雰囲気!

よーし、この団体に便乗しよう。さりげなく後をつけます。

 

運転手に私も乗りたいと言うと、30ケツ要求されました。

(観光案内では15ケツと聞いていたのですが)これを逃したら次がいつになるか分からないもん。

「払います、乗ります。」即決です。

 

白人夫婦が「プライベートトラックって聞いてたんだけど、違うんだな。」みたいな事話してました。

私は全然待たずに乗れてラッキー、運転手も臨時収入があってラッキー。

一眼ぶら下げたじいさんだけは不満そうでしたがね、グアテで小さい事言わない。

 

一眼じいさんが「止めてくれ、写真を撮りたい。」と言う度にトラックが止まります。

これが「ガイド付きツアー」ってやつかぁなんて感心しつつ、

私も便乗してシャッター押したりしてました。

IMG_4081

川が緑色だ、これは期待できそうです。

 

トラックはガタガタの山道を40分程進み

コバンを出発してから3時間弱、セムク・チャンペイに到着しました。

 

入場料50ケツを支払い、真っ先にミラドール(見晴らし台)を目指します。

IMG_4085

山道を息切れしながら、汗だくになりながら、休憩しながら登ること約30分。

本物なんだけど、絵を見ている様な風景が広がっていました。

IMG_4092

 

道なりに山を下ると天然プールで泳げるエリアに到着します。

IMG_4098

 

自撮りに夢中のフレンチガールズ

ライフジャケットを着てぷかぷか浮いているグアテマラ人

何度も飛び込みを試みるアメリカン達

肩まで浸かって微動だにしないアジア人←私

 

汗だくだったから、冷水風呂代わりに入りました。

着替え持ってきて良かった~ ビキニ持ってきて良かった~

IMG_4113

お化け屋敷風の簡易更衣室もあるので安心です。

IMG_4100

天然プールから周る事もできますが、水に入ると体力奪われるし

汗だくになるので、ミラドール→冷水風呂の順序がおススメ。

 

さて、帰りですが・・・

これまたトラックがありません。

 

一台だけ止まっていましたが「3時にならないと出さないぜ、25ケツだ。」

あと2時間もあるし、と言うか本当に3時に出発するとは限らない。

ランキン→コバン行きの最終が2時半だって言ってたなぁ。

ってか、その情報も怪しいもんだ←誰も信用してない

 

ランキン泊も考えないといけないなぁ。と、ボーっと座っていると

地元の青年が「友達に話をつけてあげるよ。」と言い

3時の兄ちゃんとは別の人に話をしてくれ「今すぐ出発 50ケツ」で交渉成立。

お陰で無事、コバンに戻って来れました。

 

人気の観光地ではありますが、ツアーで来ている人が大半でした。

わたし?何故ツアーに参加しなかったのか?

ツアーには、必ず洞窟探検が付いているからです。

ろうそく片手に足場の悪い岩場へ入って行くという、コケる気しかしないオプション。

これ、やりたくなかったからです。

 

でも、まぁ、探検したい人の方が多いのでしょう。

交通の便も悪い事ですし、個人で来ている人が少ないのがいい証拠ですね。

 

それでも個人で行く人は、トラック代をケチらず、時間に余裕を持って出かけましょう。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す