晴れ着姿のインディヘナ女性が美しい:スニルの復活祭

2016/3/25

グアテマラのセマナサンタ(聖週間)盛り上がっていました。

IMG_3982

この期間中は、キリストのエルサレムでの受難を再現する為に

信者たちがキリストや十字架、棺などの山車を担ぎ

オーケストラを引き連れ、町中をゆっくりと練り歩きます。

 

元々は字が読めない人へ向けて、

物語を具現化するという意味合いがあったそうです。

 

セマナサンタ中で一番の盛り上がりを見せる復活祭の日。

グアテマラ人のテンションが高い高い。

 

バスの中や町中でも、話しかけられやすいのです。

しかもハイテンションで。

 

車掌に至っては「レッツゴー」「ブラボー」なんて大声出しちゃって

ぎゅうぎゅう詰めの客も笑顔で応えます。

外国語を発し、客とムダ口をきく車掌なんて初めて見ました。

浮足立っているのが伝わり icon-smile-o こちらも笑顔になります。

 

訪問先の「スニル」にも、いつもとは違う雰囲気が漂っていました。

息を飲んだのが、民族衣装に身を包んだ女性たちの美しさ。

IMG_4010

普段着とは明らかに違う、特別な日用の一張羅です。

IMG_4022

上下同系色でまとめた出で立ち、金色や鮮やかな色の衣装が多い。

IMG_3997

そんな華やかな女性がずらりと並んだ様は圧巻です。

 

インディヘナの中には写真を拒否する人もいるのですが

今日ばかりはその確率も低く、カメラを持つこちらをチラチラ見て

「撮ってほしいな」という印象さえも感じられました。

IMG_3966

オシャレをするとテンションが上がる!

これは世界共通なんだなって思いました。

 

アルフォンブラを香で清め、祈りをささげ、その上を山車がゆっくりと進んで行きます。

IMG_4003

IMG_4027

アルフォンブラ:色の付いたおが屑を並べて作ったじゅうたん。

果物や野菜、花などもデザインに使います。

 

 

滞在中のシェラは大きな町なので、山車も大きくて立派です。

(以下シェラの様子)

IMG_3953

IMG_3939

大勢の人が道を埋め尽くし盛り上がってはいるのですが、

シェラには洋服姿の人が多く、山車を担ぐ人たちも紫色の服に身を包んでいます。

IMG_3928

その賑わいは夜まで続き、お祭り騒ぎ。

IMG_4047

IMG_4057

 

こんな派手な都会の雰囲気も良いのですけど・・・

 

侵略者が持ち込んだ宗教を受け入れつつも、民族としての色は失わない。

そんな素朴さと強さが感じられる田舎の町「スニル」の人々が

深く印象に残りました。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す