女なんて単純 ちょっとした事でご機嫌:サンチアゴ・デ・クーバ

2016/1/30-2/2

超不機嫌でたどり着いたサンチアゴ・デ・クーバは、

何にもないバラコアとは打って変わり、お洒落な雰囲気が漂っていました。

IMG_3067

首都じゃないけど田舎でもない、そしてハイパー観光地でもない。

地元の人の遊び場が垣間見れる町で、過ごしやすかったです。

 

テンションが上がった単純な3つの要素はこちら。

1.落ち着けるカフェがある

2.ピンクのクラッシックカータクシー

3.文句なしのカリブ海

 

単純ですねぇ、女なんてものは。

美味しいエスプレッソ飲んでー、カッコいい車に乗ってー、キレイな海見たらー

超ご機嫌なのですよ。

 

この街には、モネダ以上CUC以下のカフェがありました。

IMG_3081

IMG_3060

室内でウエイターさんが運んでくれるタイプのカフェです。

マシンで1杯毎出しているので、文句なしにエスプレッソが美味い!

キューバの嗜好品は美味しいんですよね、エスプレッソと煙草だけは。

IMG_3009

エスプレッソ1杯0.25CUC~と良心的。

カフェラテやカプチーノみたいな、泡もこドリンクもちゃんとありました。

IMG_3061

モネダ表示のしてある店は、基本立ち飲み系で全く落ち着けません。

一方「外国人はこちら」みたいなレストランで、

コーヒーを頼むと最低1CUC~の料金設定なので高め。

キューバではどちらか両極端なので、地元の人向けの室内カフェって珍しかったです。

こういう気楽に入れるお店がもっと増えればいいのになぁ。

 

 

要塞! 要塞という響きだけでカッコいい。

IMG_3033

スペイン人がサンチアゴの守りを完ぺきにする為に建てた「モロ要塞」

 

戦いに関するものって、その当時の最高峰技術の結晶なので大好きです。

機能性を追求すると、無駄が無くなり、美しいシェイプを描く様な。

兵器や要塞、城って美しくて惹かれます。

 

セントロからはタクシーで行かなければいけない距離にあるので、

どのタクシーに乗ろうかとウロウロ。

 

いつもの様に「タクシー」と声を掛けてくるおじさんに価格交渉をし、

「車取って来るから待ってろ」と言われ・・・現れたのは・・・

超キュート!!ピンクのクラシックカーだ!

わーーい。内装もキュート。

IMG_3021

メーターもクーラーも壊れているけど、まだまだ現役でした。

IMG_3025

これならモロ要塞まで往復15CUCでもいいかなー♪

 

モロ要塞の博物館としてのレベルは、レベルを付ける程のものでもありませんし

湿度・気温共に高く、うだる様な暑さにやられそうですが

カリブ海の青で帳消しですね。

IMG_3042

 

食欲は相変わらずなくて、朝ごはんしか食べない日が続いたけれど

美味しいエスプレッソと、葉巻の香りがする煙草、なつかしい味のするアイスに助けられながら

IMG_3064

IMG_3076

ここサンチアゴ・デ・クーバを好きになれた自分に「ほっ」としました。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す