庶民食から郷土料理まで全てが美味い:食の街プエブラ

2015/12/28 為替:1メキシコペソ=6.9円

美味しそうな郷土料理とお菓子を求めて、プエブラにやってきました。

IMG_1813

レストランでの食事はもちろんのこと、タコス屋・ピザ屋・パン屋

路上販売のお菓子も超美味しそうなものがいっぱいで、テンションが上がります。

 

まず、郷土料理の「モーレ・ポブラーノ」は外せません。

IMG_1815

チリ・木の実・チョコレート等をブレンドした黒いソースを

やわらかチキンにかけていただきます。

チョコレートソースは、パンやトルティージャにもよく合うので食が進みます。

ピーナッツの風味が程よく、コクがあって美味でした☆

 

もう一つ有名どころなのが「チレス・エン・ノガタ」

IMG_1870

ピーマンの様な大きな唐辛子に、豚肉・ナッツ・フルーツ等を詰めて揚げ、

その上から生クリームをかけます。

赤いザクロのトッピングがキレイで、見た目にも美しい料理です。

 

これが中に入っています。

IMG_1871

唐辛子の辛みと、フルーツの甘みがマッチした不思議な味でした。

 

2Oriente×6Norte付近には、郷土料理を出すレストランが並んでいます。

メニューや価格はどのお店もほぼ同じで、一皿150ペソ前後でした。

 

プエブラの魅力はレストラン料理だけではありません。

 

市場や路上で売られているお菓子「カモテス」も名物です。

IMG_1818

芋羊羹の様な形状を想像していたのですが、

おばちゃんに聞いてみると「カモテス」だと言うので、そうなのでしょう。

IMG_1817

さつま芋と杏子、イチジクをはちみつに浸した甘いお菓子でした。

甘酸っぱさとはちみつがマッチした杏子がお気に入り。

量り売りなので、少ない量でも売ってくれるのが嬉しいです。

 

ここからは、メキシコ全土で食べられる料理なのですが

プエブラで食べたら妙に美味しく感じられました。

プエブラマジックかしら??

 

パストール(豚肉の薄切りを大きな串に刺し、回転させながらバーナーで焼く)も

そのままタコスの具にするだけではありません。

玉ねぎと赤ピーマン・チーズがたっぷり入った、店オリジナルの料理が最高でした。

IMG_1826

お客さんでいっぱいのお店は、出てくるまでに時間はかかりますが

味は良いし、そぎ落としたての肉が出てくるので間違いがありません。

 

パン屋さんのパンは、やわらかくて生地がほんのり甘くて美味しいし

タコス屋さんは、平均的に具の量が多くボリュームたっぷり。

 

ピザの生地は薄焼きでパリパリでしょ、

エンパナーダ(揚げタコス)の具であるティンガ(肉のトマト煮込み)はトマトたっぷりで

トマト好きの私は大喜び。

 

チョコ屋もお洒落だし、いいにおいが色んな所から漂ってくるし

食べ物の誘惑が半端無い街なのです。

 

ここで一気に胃袋が大きくなった気がします・・・



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す