アンコールワットだけじゃない!カンボジアに珍寺あり

カンボジアといえばアンコールワット。

世界観とレリーフが素晴らしいので人気があるのは納得です。私も大好きです。

アンコールトム

しかしカンボジアの魅力はそれだけではありません。

大きな遺跡、観光客だらけの雰囲気に疲れたら、少し田舎まで足を伸ばしてみるのもおススメです。

何度目かのカンボジア訪問時、観光客を避けるように訪れたコンポンチャムで

大変面白いお寺を発見しました。

 

ガイドブックにも載っている観光地「プノン・ノコール」に行った帰り

怪しいトタン屋根の建物が目に入り、足を止めました。珍の香りがプンプンします。

IMG_7635

中に入ると、素敵なコンクリ像の数々が!

一番のお気に入りは、コブラを乗りこなす青年。赤いスカーフが揺れています。

IMG_7630

偶然見つけてしまったお好みのコンクリ像達を前に、思わず顔がニヤけます。

「あった!!カンボジアにもあるんだ!珍コンクリ文化が!」

そう確信した私は、他にもこういった場所があると信じ聞き込みを開始したのでした。

ファニー テンプル

ユニーク ブッダ

ビッグ ステチュー

を連呼しながら、タイなどの珍寺風景を見せて

「こういう所に行きたい」とバイタクの運転手に聞きまくります。

 

「ビッグ パイナップルはどーだ?」と一人の兄ちゃん。

「大きな果物がいっぱいあるぞ」との事。

 

「町から遠いから面倒臭いよぉ」と言う彼を信じ、破格の15米ドルで雇う事にしました。

「プノン ハンチェイまでお願いします!」

 icon-comment 行き方:コンポンチャムからバイタクで1時間半くらい。

残念ながらグーグル地図でピンポイントヒットしません。相当マイナーな場所の様です。

コンポンチャムからメコン川を北へ向かったのは間違いないので、

Han Cheyという地名は合っています。

「プノン ハンチェイ」と言って以下の写真を見せれば辿り着けるでしょう。

 

遺跡とコンクリ像がミックスされた面白いお寺です。

IMG_7723

お寺からはメコン川が望めて、大変気持ちが良いです。

IMG_7769

竜だけでなく昆虫とカニもいました。あと巨大ダニも創造中でした。

全くかわいくありません、若干怖いです。この発想はどこから来るのでしょうか。

IMG_7777

バイタクの兄ちゃんが言っていたビッグパイナップルですね。

IMG_7721

個人的に「フルーツ寺」と呼んでいるこのお寺。果物が散りばめられているのです。

IMG_7735

左のは焼きバナナですね。

IMG_7753

祠の周りにもかわいく果物が置かれています。

IMG_7799

IMG_7741

窓の上の飾りもこんなにキュート!!

IMG_7745IMG_7749

この辺りは、チマキやニンニクといった食材ゾーンの様です。

IMG_7760

ご覧のとおり、人っ子一人いない静かなお寺でした。

観光客がいない=野犬が狂暴

見慣れない外人に縄張りを荒らされたとなると、犬が吠えだし仲間を呼びます。

 

一定距離を保ちながら吠えられ続け、ビビりながらの訪問となりましたが

目がキラキラした住職とお茶をしたり、旅の安全を祈願していただいたり

貸切状態で過ごすことができました。

 

思わぬ偶然で見つけたフルーツ寺に終始満足、ニヤニヤした思い出でした。

D22 地球の歩き方 アンコールワットとカンボジア 2015 (地球の歩き方 D 22)

新品価格
¥1,836から
(2015/10/24 22:56時点)



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す