人の多さに参り気味:大連から洛陽までサクッと空路で移動

2017/10/24

次の目的地は洛陽。

大連からだと瀋陽経由の高速列車、煙台までフェリー、空路

この三通りが考えられます。

当初はフェリーを予定しており、フェリー乗り場までも行ったのですが

最終的に飛行機にしました。

 

だって中国・・・予想以上に皆さんうるさいんですよ。

 

携帯での会話を含んだ大声での喋り声、巨大着信音

ゲームの音、音声認識機能の利用、おもむろに動画鑑賞

常に音を出していないと気が済まない民族の様ですね。

 

まーこれは予想していたんですけど、想像外だったのが

加齢臭ね・・・

これはどうにも我慢できなくて。

頭痛くなってくる。

日本人男性の30倍の破壊力を持ったおじさんがいたり

女性もけっこう強烈だったりするんです。

 

この匂い問題、貧富の差に準じていると感じます。

移動手段として一番安価であるバスが一番臭い。

バス自体に臭いが染みついている可能性もありますね。

地下鉄はシートがプラスチックだし新しいので、そこまで気になりません。

市内バスはどこまで行っても1元と安く、地下鉄は2~5元ほど。

やっぱり経済的な事を考えるとバスなのかも。

専用のカードを持っている人はもっと安く利用してる様でした。

 

飛行機や高速列車の利用者もやかましく、ゴミを散らかす点は同じですが。

高速列車に乗った時、隣の老夫婦がカップラーメンを食べ始め

こぼされても嫌だし、クチャクチャうるさいので

席を立って少し時間を潰し戻って来ると・・・

ゴミが私の前のシートポケットにちゃっかり入れらていました。

「ちょっとココに捨てないでよ」と言うと、回収してましたけれども。

まーいいです、普通に息ができればもういいんです。

 

という点を踏まえて、フェリーってどうなんでしょう。

フェリーの位置づけって。

飛行機→高速列車→長距離バス→フェリー→市バス?

値段的に。

ここで頭をよぎったのが、うるさい船内で7時間か・・・っていう思い。

ただでさえ船が苦手なのに、更なる不安要素が浮上してきたのです。

騒音と臭い問題。

 

ってことで、急きょ飛行機を選んだというわけです。

大連港から出港したい思いはあったんですけどねー。

耳と鼻が生理的に拒絶してるというか、何というか。

 

これだけ人間がいるので、人も様々です。

お釣りを投げてくる高速列車の窓口のお姉さん。

子供が席の上に立ちたいとせがんだ時、ちゃんと靴を脱がせるおじいさん。

推定1000台に1台くらいは歩行者優先するドラーバーがいたり。

不愛想な食堂のお兄さん、不機嫌な顔で「どん!」と皿を置くかと思いきや

とんって超やさしくて驚かされたりします。

混ぜて食べるんだよって教えてくれたり。下はもちもち極太麺。

食べ物屋さんの人たちは比較的おだやかですね。

食べ物って大切だなーってしみじみ思います。

洛陽の屋台街・・・すっごい人人人。

串もの、揚げ物、焼き物、スイーツ何でもあるよ。

それにしても、どこ行っても人の波がすげー。うんざり。

しかし私の心は誰にも通じておらず、一日に二回位は道を聞かれます。

その度に耳と口を指さし首を横に振るジェスチャーで返しています。

そうすると耳が聞こえない人だと思われるっぽいです。

リアルに耳のスイッチを切りたい時あるよ・・・ほんと。

 

さて、今後も空路か高速列車移動が多めになりそうだなぁ。

ローカル電車?パスです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す