ちょっとした現地語は英語をはるかに凌ぐ!

現地語での挨拶で得られるものは「笑顔」です。

大半の人が笑ってくれます。笑われてるだけ?それでもいいと思っています。

film

youtubeで主要な国の挨拶はアップされていますので、

いつも短期旅行の前には、少しだけ予習をしていました。

この予習が旅先でかなり役立つのです。

ハローじゃダメなんですよね。

現地語とハローでは、皆さんの反応が大きく変わります。

「あの外人、◎◎語であいさつしたよ」ざわざわ・・・

これが本当に面白いので、長期旅行時にも実践していきたいと思っています。

 

 icon-arrow-circle-o-right 勉強不要 とりあえず5単語覚える

・ありがとう

・こんにちは

・お願いします

・良い

・大丈夫気にしないで

 

「ありがとう」は基本中の基本ですね、コメント不要です。

 

「こんにちは」で一日中使える単語もあります。英語のhelloみたいなの。

余裕があれば「おはよう」も覚えています。

朝一の挨拶は気持ちが良いですからね、それだけの理由です。

 

「お願いします」これは万能語です。

何が素晴らしいって、単語を知らなくても使えるという点です。

何かを買う時、品物を手に取って「お願いします」

お会計の時、レシートを手に取って「お願いします」

ジェスチャー+「お願いします」でかなりイケます。

 

「良い」これも連発してしまう単語です。

気分、天気、味、雰囲気、気持ち、相手を褒める時など何でも使えます。

 

「大丈夫」シチュエーションは結構あります。

相手が気にかけてくれた時、ちょっとぶつかってしまった時、

コンビニで「袋いらないよ」、屋台で香辛料を指さして「あんまり入れないでね」等

やんわりNOの意味合いでも使えるのが便利です。

 

え?「ごめんなさいが」入ってない?

これは「ソーリー」で伝わるかなと思っているのと、

外人が片言で「ごめんナサイne’」みたいな感じで言われたら

なんかイラっとしませんか?

日本語でこんなん言われたら嫌だなと思います、完全な持論ですけどね。

 



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す