赤道記念碑だけじゃない お洒落カフェあり!ライブあり!

2016/8/28 為替:1USD=101円

キトの街から気軽に行ける「赤道記念碑」

ただ赤道記念碑があるだけだと思っていましたが、とんでもない!!

IMG_1650

ちょっとしたテーマパークになっていて、お洒落なカフェはあるし

グアヤサミンパビリオンやライブ会場もあって楽しめました。

 

キトに到着してから、にわか雨が降ったり、スッキリしない日が続いていました。

3日目にしてようやく青空がのぞいたので、赤道記念碑へ向かいました。

 

・赤道記念碑 行き方

Av.America y Bolivia のバス乗り場から「Mitad del Mundo」行に乗るだけ。

キッカリ1時間で赤道記念碑前に到着しました。(40セント)

入場料 7.5USD

IMG_1640

赤道記念碑って、ただ記念碑があるだけだと思っていました。

赤道ラインまたいで&上って記念撮影するだけかと。

IMG_1604

 

いやいや、とんでもない!

小さなパビリオンがいくつかあり、なかなか楽しめるのです。

その中で、個人的に気に入ったのははグアヤサミン&ライブ会場。

 

グアヤサミンとは、キト出身の画家。

IMG_1569

インディヘナの苦しみや、キトの街の画を多く描いた人です。

毛沢東やフェデロ・カストロとも交流があり、

一緒に写っている写真が彼のアトリエに展示されています。

先日、アトリエ兼美術館へ足を運び、

ピカソ風のタッチと、目や手が印象的な画に惹かれました。

※赤道にある画はオリジナルではありません

IMG_1583

赤道パークにもグアヤサミンパビリオンとカフェがあり

何ともお洒落な空間をかもし出してくれています。

IMG_1679

敷地内のカフェの中でもひときわリッチなお店です。

IMG_1670

IMG_1669

さすが高級カフェだわ。(6USD)

IMG_1672

 

広場では民族衣装を着た人たちが輪になって踊っていました。

IMG_1651

会場にも赤道ラインが引かれていますね。

IMG_1656

誰でも輪に参加できるみたい。

IMG_1653

 

さて、帰ろうかと思っていると何やら騒がしい音がします。

入口近くの「カルチャープラザ」と呼ばれる施設からの様です。

イベント会場に入ると、ぽつんとバンドが演奏していました。

IMG_1715

写真で見ると、なんて寂しいんでしょう・・・って感じですが。

こちら側にはお客さんがたくさんいて、皆ノリノリ。

IMG_1714

メ グスタ バイラールのリズムに合わせて、踊る踊る。

IMG_1712

歌の調子は80年代の懐かしい感じでした。

バンドの人達もおじさんだし、趣味の延長でしょうかね。

 

次のバンドも、ボーカルはおじさんでした。

IMG_1727

PSYを意識しているかの様な衣装と、身動きで感覚を沸かせます。

IMG_1725

自作CDを一定数配り、販売もしていました。

夢を追いかけているのでしょうか。

顔を真っ赤にしておじさん頑張ってました。

IMG_1728

しかし、私はキーボードのイケメンに夢中でした。

IMG_1734

踊っている皆さんを見ているのが楽しかったです。

下まで降りていってPSY似のボーカルとハグするおばさん。

腰をふりふりする子供。

食べてばかりの親子。

みんな好きなことやってて微笑ましかったなぁ。

何だか、高校野球地方大会予選の雰囲気を思い出しました。

 

こういうイベントは平日はやっていないかもしれません。

日曜日は混んでるから別の日にしようかな?と、宿を出る時思いましたが

日曜日には日曜日の面白さがあり、結果良かったです。

 

やばい、盛り上がり過ぎて17時を回ってしまいました。

標高が高いと、雲や空が近く感じられます。

IMG_1744

赤道記念碑周りの山間の景色も美しくて、帰るのが名残惜しいです。

IMG_1752

暗くなる前に帰らなければ!

通りかかった「キト」と書かれたバスに乗りました。

 

途中までは来た時と同じ道を走っていましたが

市内に入ったら、どうもルートが違う様な・・・

一瞬トロリーバスの駅が見えたので、地図で探すと

なんとパネージョの丘付近まで来ていました。

そのまま乗っていると、知らず知らずの内に頂上へ。

IMG_1761

わー全然来たくなかった、こんな夕暮れ時に。

強盗出没エリアなので必ずタクシーで来ましょうと言われている場所です。

でも、せっかく来たので降りてみちゃいました。

IMG_1759

わーん。キトの街って白くてキレイなんだよねぇ。

・・・っとあまり猶予はありません。

帰れるのかな、タクシーあんまり止まってないし。

IMG_1757

パネージョの丘頂上付近は道が細い上に路駐も多く、

幸い乗って来たバスは全く進んでおらず立ち往生中。

「走れば先回りできそう、あれにまた乗って丘を下りよう。」

急いで坂を駆け下り、乗ってきたバスに再び飛び乗りました。

「セントロに帰ります。」と言うと、車掌さんに笑われました。

そして料金も徴収されませんでした。

 

親切な車掌さんで、このバスではホテルの近くは通らないから

「ここで乗り換えて!」と降りる様に言ってくれました。

 

日が落ちると一気に寒くなり、風が冷たい中

タブレットを持っていない為どこにいるかも分からず

ただ言われた通りにバスを降りました。

幸い5人程の観光客も一緒だったので、心強かったです。

防犯対策でしょうか、他の観光客も紙の地図しか持っておらず

「ここどこ?」「わかんない」って感じでした。

夜になると景色が変わり、方向感覚が狂うので怖いですね。

 

通りかかるバスを片っ端から停め「アメリカ通りに行くか?」を尋ね、

ようやく「行くぞ。」というバスに乗り、知っている風景が見えてきた時にはほっとしました。

専用レーン外を走るバスは、路線が無数にのあるので敷居が高いです。

 

1時間もあればいいかと思っていた赤道記念碑。いや赤道パーク。

気付けば4時間半ほどのんびりしていました。

赤道記念碑の中は科学実験コーナーになっていたり、プラネタリウム館や

土産物屋、レストランもあるので終日楽しめます。

 

帰り道にてこずり、何だか忙しい一日となりました。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す