グラナダから日帰り火山:マサヤ&モンバッチョ

2016/4/11‐12  1USD=108円

ニカラグアは火山大国。

昨年12月にモモトンボ火山が噴火してニュースになりました。

IMG_4404

グラナダから日帰りで行け、散策可能な火山は2か所。

マサヤとモンバッチョ。

マサヤは火口付近まで見学できるという情報だったので

そちらへ向かいました。

 

火口付近まで行って、もくもくと煙があがる様を

眺めるのを楽しみにしていたのですが・・・

「火山活動が活発化してるから、立ち入り禁止よ。」

入り口で入山を断られてしまいました。

 

ガックリ。

この高温多湿の中、グラナダから1時間半もかけて来たのに。

 

まぁ仕方ない。

係のお姉さんが「モンバッチョ(MONBACHO)は入れるわよ。」と言っていたので

明日そっちに行ってみよう。

 

さて、今日このまま帰るのは悲しいなぁ、どうしよう。

 

向かう途中、車内から湖がチラリと見えて気になっていたので

そこで降りてみる事にしました。

IMG_4415

そうそう、この先湖が広がってるはず。

 

ミラドール(見晴らし台)を想像していたのですが、

完全に観光客向けのレストランでした。

プールもあって、欧米の団体客が来るような所です。

 

なーんだ観光施設かと思いつつも、こんな景色を前にしたら

豪華にランチしたくなっちゃうでしょ。

IMG_4414

マサヤ湖も空もきれいだし、風が通って気持ちが良いし

BGMはBee Gees。

映画「サタデーナイトフィーバー」を思い出したりして

超気分良くステーキをいただきました。

 

続くパルプフィクション、ビークールでもジョントラボルタの

ダンスシーンが好きだったりするので(^^♪

SATURDAY-NIGHT

 

ミディアムでもいただける牛肉!

数ヶ月ぶりのステーキ!

ジュースも飲んで景色込21USD、贅沢しました。

IMG_4411

行く予定だったマサヤ火山が右に見えます。

全然もくもくしていませんねぇ。

IMG_4412

 

ーー◆ーーーー◆ーー◆ーーーー◆ーー

次の日、火山リベンジ モンバッチョへ向かいました。

モンバッチョ火山の中腹にトレイルが敷かれていて

そのミラドールから、湖とグラナダの街並みがマッチした景色を楽しめます。

IMG_4429

 

トレイルは3種類あり、1.5~5キロコース。

(長いコースはガイド同行となります)

IMG_4421

一部Dificilとされている道がありますが、

余裕ですので心配ありません。

IMG_4422

1.5キロコースのトレイルは平坦で

ゆーっくり歩いても1時間半かかりません。

山の下の蒸し暑さが嘘の様な

涼しい風が吹き気分が良いのですが、

このトレイルの入り口までが長いのです!

 

グラナダからバスで20分程、モンバッチョ火山付近で降ります。

このバス停から、トレイル入り口まで6.5キロあるのです。

 

バス停→入場料を払うポイントまで1.5キロ。

それより先はずっと上り坂で5キロ。

 

バス停にはトゥクトゥクが待っているので、

60コルトバで入場料を払うポイントまで行きました。

 

〈モンバッチョ入場料 外人用〉

5キロ歩く人は5USD、トラックに乗る人は20USD。

IMG_4458

トラックの時間は、上り 8時、10時、13時の3本のみ。

帰りの最終は16時。

みなさんツアーで来ている様で、個人向けのサービスは考えられていない印象でした。

 

現在11時・・・2時間もあるじゃないか。

 

ちょっと歩いてみようかなと進んでみること5分。

即諦めました。

IMG_4457

照り付ける太陽の元、上り坂5キロなんて絶対無理でしょう。

トラックでも30分弱かかるんだよ。

気温は35度超えなんだよ。

何故、無謀にも歩き出したのか自分でも謎です。

無駄に汗だくになって後悔しました。

 

IMG_4443

歩いているクレイジーな人を3人見かけましたが、

死ぬんじゃないか!?トラックの方が無難です。

そして、トラックの時間を調べてから行きましょう。

 

2日に渡り火山を訪れましたが、火口付近まで行けなかったのが心残り。

コスタリカのサンホセから、再リベンジをかける予定です。

 

自然の力が、そこから溢れているのを感じられるからでしょうか

中米に入りしてから、何故か火山に惹かれています。

 

明日からのサンホセも楽しみです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す