珍!プール付ヒンズー寺院マハクータ:バダミ近郊

2018/1/31 1ルピー=1.7円

寺院内にプールがあるというマハクータへ行ってきました。

滝とか湖で修行をするとかでなく、ただ遊んでるだけ。

こんな光景は初めてでなかなか面白かったです。

バダミ近郊にアイホーレやパッタダカルといった有名観光地があり

行くつもりでしたが、微妙な話を聞いて止めました。

 

村の子供がお金をねだるだけに止まらず、ポケットの中に手を入れて

中の物を取って逃げて行ったそうです。

それだけでも驚きなのに、子供達にとって

要らないものはその辺に捨ててあったんだって。

中にはそれを拾って返してくれる子もいたらしいんだけど

そんなことされたらショックだよね・・・。

 

ちなみに30代男性の話なので

弱そうだからとか女だからっていうのは関係無さそう。

こんな話聞いた後に行く気にならなくて

観光地ではないマイナーな寺院へ行く事にしたのです。

 

マハクータ寺院はバダミからバスで30分弱の距離にあります。

観光地ではなく、地元の人たちが集う感じの場所。

バダミのバススタンドからバスが出ています(12ルピー)

頻発はしていないので時間は要確認。

ちなみに10:30って言われ、11:30発でした。

 

お寺の外では女性たちが洗濯をしています。

洗濯物をその辺に直置きして干していますねぇ。

直射日光と地熱で一瞬で乾きそう。

 

男たちは何をしているかというと・・・

プールではしゃいでいました。

写真大好きなインド人、カメラを向けると歓声を上げて応えます。

「今から大技を決めるから見逃すなよ!!」と

数人で水上組体操?みたいなことを始めて失敗したり

上から助走を付けてダイブしたりしてました。

ノーマルなヒンズー寺院、リンガとナンディに飽きてた頃だったので

歓声が響いてるのがなんだか新鮮でした。

 

またヒンズー教寺院って異教徒お断り、女性お断りな所が多い中

ゆるーく入れるのもポイント高いです。

 

さて、問題は帰りの足です。

公共交通機関で来てる人はいなさそうだし

バスも全く来る気配がありません。

噂では16時らしいのですが・・・3時間もあるじゃん。

って言うか来るとも限らないし。

途方に暮れながら、何か乗り物が通るのを待つしかありません。

 

一時間くらいするとリキシャーを貸切った家族がやって来ました。

リキシャーマンに聞いてみるとバダミ方面に行くと言うではありませんか!

ラッキー。

これに便乗させてもらうことにしました。

しかも彼にとって今日の稼ぎは既に十分の様で、

初めからローカル価格20ルピーを提示され即決しました。

もう全然待つよー、家族が観光終わるまで待ちますよ。

 

これは結構運が良かったと思います。

乗合が通らなければ、ひたすらバスを待つか、ヒッチハイクするかですね。

帰りの足がちょっと心配な場所ではありますが、プール付き寺院は珍です!

観光地疲れした時にもおススメです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す