ラパスからウユニへのバスはOMAR社がおススメ

2016/6/18 為替:1ボリ=15円

ラパスからウユニまでは、直通バスで行く方法

ローカルバスを乗り継ぐ方法、電車とバスの組み合わせ等あります。

IMG_7625

全荷物を持っての乗換えを嫌う私は

直通深夜バスを「OMAR社」で予約しました。

 

初めは「Todo turismo」で行こうかと思ったのですが、

ホストに言うと「270ボリもするの??何それ、高すぎる。」との事。

彼らが先月ウユニに行った時に「OMAR社」利用し、150ボリで行ったそうです。

「バスは2階建てで乗り心地も良いし、毛布も支給されるよ。」

 

へー。いいかも。

ホストのアドバイス通りに、この会社のバスで行く事にしたのです。

私は前日にトレストレ・バスターミナルへ行き予約しましたが、

当日でも買えそうな雰囲気でした。

 

<価格>

カマ:150ボリ 160°リクライニングシート 席は横に3席のみなので広い 20:00発

セミカマ:100ボリ シートがそこまで倒れない(らしい) 席は横に4席  20:30発

 

私はカマ席を買い、2階席の一番前に乗りました。

前の人がシートを倒してこないからいいかなと思ったのですが

モロフロントガラスなので、他の席よりも寒かったかもしれません。

室内は16℃前後に保たれており、フリースとレインコートを着込み

腰にダウンジャケットを巻いて毛布を掛ければ、寝れる程度の寒さでした。

 

ラパスをオンタイムで出発し、途中深夜2時半頃に強制休憩があります。

簡単な売店とトイレ番を、小さな子供が担当していました。

こんな夜中に、こんな寒い中で・・・

 

ハイウェイが整備された為、この区間の道は良く

約9時間半でウユニに到着します。

早く着くのはいいのですが、朝5時半だよ。

バスの窓ガラスは凍り付いてるし、日が出てないので方向がつかめません。

天気予報ではマイナス7℃だってさ。

 

バスを降りるとすかさず「開いてるカフェがあるよ。」営業の人がやってきます。

もー、行くしかないよね。

真っ暗で極寒だもん。

 

カフェは外人でいっぱい!!

ガス管にバーナーらしき物が取り付けられている

危ないヒーターが温かくてありがたいです。

IMG_7700

ここで日が昇るまで時間を潰します。

 

空が明るんできた7時頃、目的のホテル「Wara del Salar」へ向かい

ベルを鳴らしてお兄さんをたたき起し、チェックインしました。

シャワーは朝7時~11時(10分以内)、洗濯は朝の内にお願いします等

日本語とハングルで注意書きがしてあるので、アジア人ゲストが多いんだろうな。

上記時間外でも熱々のお湯は出ますし、洗濯スペースと物干しロープ&洗濯バサミ完備で

シングル(バス共同)50ボリなら悪くないですね。

 

カテドラル付近にはツアー営業の人が沢山いるので、

超観光地の観光予約は大変楽チンです。

 

目的の「穂高ツアー」のお兄さんに付いて行き、1DAYツアーを200ボリで予約。

サンライズツアーは、車一台貸切なので人数により一人頭の価格が変動します。

現在2人申し込みがあり「多分7人集まるだろう」と踏んで

張り紙に名前を書いておき結果を待つことにしました。

 

さて、これで今日のミッションは終了です。

 

ラパス~ウユニ間は道も良く、バスも沢山出ているので移動には困りません。

当日10:30~の1DAYツアーに参加する事も可能なので

時間の限られている人にとっては、早朝着って良いのかもしれません。

超ーー!!!寒いですけどね。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



ラパスからウユニへのバスはOMAR社がおススメ」への2件のフィードバック

  1. あいこ

    寒そう~
    シャワー10分以内ってなかなか厳しいね
    頻繁に暑い寒い繰り返してるけど、体は大丈夫なん?

    返信
    1. takako 投稿作成者

      あいこちゃん

      寒くて肌がひび割れるよ・・・

      汗かかないなら3日位浴びたくないよー。
      でも塩湖行くと塩まみれになるから、仕方なく浴びてました。

      案外元気だな。私強いな。^_^;

コメントを残す