フェズの安宿アガディール&バスへの愚痴

2017/1/4 1MDH=11.5円

「フェズ・安宿」と検索すると、評価の良し悪し含め

「ホテルアガディール」ばかりヒットしてきます。

大きな街なんだから安宿は他にもあるだろうに。

img_1078

何故?って思っていた謎が解けました。

ロアジスの影響と、オーナーの人の良さだ。

 

メルズーガのホテル・ロアジスから、フェズ行きが決まると

「ホテルはアガディールがいいぞ。」とすすめられるのです。

加えて「アガディールのオーナーは知り合いだから、早朝着く事も言っておけば大丈夫だぜ。」

これは有り難い!!

 

メルズーガ→メクネス経由→フェズ行きの直通バスは夜行1本のみ。

19時発→朝4時半着。

1本しか出てないのに、この時間設定って。

スープラトゥールは、民営よりは数段マシというだけで

決して快適という乗り物でもありません。

 

民営バスが嫌な訳いろいろ→

秘境というにふさわしい田舎町と湖:イミルシル

楽したい人は砂漠が見える宿に泊まろう:メルズーガ

 

それでも直行バスはこれしかないので、外国人は時間に不満があっても

料金が高くても乗ります。(190DH+荷物5DH)

だから当然満席で超窮屈。

席の幅も超狭く、前の人がシート倒したら身動きがとれません。

出発して5時間半後、真夜中の休憩は無駄にダラダラ30分と長いし。

何で皆こんな真夜中にケバブサンドとか食らってんだよ?!

トイレ休憩は3時間毎に15分としていただきたい。

 

まぁ、こんなストレスを感じながらの夜行バスなので

到着後すぐ横になりたいわけですよ。

 

鉄道フェズ駅前の路上に降ろされた後は、ぼっタクシーに乗るしかありません。

通常は10DH弱のところ、70DHから吹っかけてくるおっさんもいました。

 

ホテル前に到着し、ぴんぽーーん!!ノックノック!!すると

即オーナーさんが鍵を開けてくれました。

SATCのハリーにそっくり。

%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%83%bc

とりあえず1泊予定でチェックイン。

 

少し寝てから、若干の体調不良を感じながらも街へ出ました。

img_1066

マラケシュよりも、しつこく声を掛けられないので

ゆっくり調子に乗って歩いていました。

img_1065

革製品を扱う店が増えてきたらタンネリ近く。

img_1069

よく写真で紹介されている場所ではない様でしたが、

臭いがキツイしこれで目的達成としよう。

img_1071

やば。。。頭痛くなってきた。

 

その日の夜。

あぁぁ、やっぱり熱が出ました。

おそらく38度くらい。

頭と節々が痛んで動けません。

 

砂漠で直射日光を浴び、狭い夜行バスに乗り寝不足

久々の大都会のノイズ・排ガス等にやられた様です。

次の日、起きても全く回復しておらず

今日の予定であるシャウエン行きはキャンセルです。

 

CTMのチケットを買っていたので、日にち変更をしなければいけません。

捨てても良かったのですが、フェズ→シャウエン間は満席になりやすい為

次の日のチケットを今日中に入手しておきたかったのです。

民営バスという選択肢もありますが、それだけは嫌なので。

ちなみにこの区間のCTM、往復共に満席でした。

 

メディナにある総合バスターミナル内にあるCTM窓口では

発券はしていても変更処理は受付けてくれません。

「ここでは変更できないからアトラスへ行け!」とあしらわれたのです。

昨日買ったんだよ!ここで。

はぁーもー、モロッコルール。

 

アトラスとは、新市街にあるCTM専用バスターミナルの名前です。

出発時間を過ぎてしまうと、チケット自体が無効になるので注意。

変更手数料5DHもキッチリ取られて、日にち変更を終えました。

 

ホテルに帰ってからは一日中寝ていました。

時々ハリーが「何か欲しいものあるかい?」と聞きにきてくれ

%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bc%92

お言葉に甘えて、バナナやヨーグルト、お茶菓子なんかもらってました。

 

ハリーの奥さんは、シャーロット程の愛想はありません。

宿業はハリーに任せてるっていう感じです。

ハリーが言うと、お茶やハリラの用意はしてくれます。

「まだむ、めるしー。」と言うと、一瞬だけ子供を叱る声を止め

笑顔を向けてくれる、そんな人です。

 

安宿は他にもたくさんありますが、アガディールは好印象でした。

早朝チェックインにも対応してくれ、色んな気遣いが嬉しかったです。

そのお陰で、寝込んだのは一日だけで済みました。

ありがとうハリー夫妻。

※シングル一泊60DH 最近値上げした模様



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す