激太り猫は人懐っこくなるのか:5ヶ月ぶりの江田イン

2016/10/7

子供の頃アトピー持ちだった為、犬も猫も飼ったことがありません。

gato

動物嫌いな両親だったのも手伝い、興味関心を持つ機会も無く

実物や画像を見ても「かわいー」等発した事は一度もありません。

しかしこの旅中、ホスト宅やゲストハウスの動物に接し

飼い犬・飼い猫レベルであれば、普通に遊べる様になりました。

 

リマの日本人宿 江田インには二匹の猫がいます。

 

~5ヶ月前~

食べる場所に動物が上がるのは許せないので、テーブルに上がるシロポンを

「こら!!」って叩いて引きずり下ろしていました。

当のシロポンは遊んでもらっていると勘違いし、私の前でわざと上がる様でした。

チビコは私を見ると逃げ、遠くから睨みつけて来るだけでした。

 

~現在~

激太りして腹が地面につきそうになってしまったシロポンは

「ねぇねぇ。」と前足を掛け私を呼びます。

img_3732

「でぶねこー。」と言ってグーパンチを繰り出すと

相手から向かってきて、ここを叩けと催促するんです。

肩たたきの要領で気持ちが良いのでしょうか・・・

 

猫ブログを見ると、目と耳の間・尻尾の付け根が気持ち良いらしいですね。

なるほど。

確かに顔から向かって来たり、ケツをこっちに向ける事が多いぞ。

脂肪が蓄積しすぎて、ナデナデくらいでは刺激が弱いのでしょうか。

グーで叩くと喉をゴロゴロ鳴らして気持ち良さそうにしています。

 

それを遠くから見ていたチビコ。

シロポンが居なくなるのを見計らいやって来ました。

顔をグリグリやって欲しかった様ですね。

シロポンばかり可愛がるのでヤキモチを焼いた様に見えました。

 

猫ってこういう生き物ですか?

猫の性格は変わるのでしょうか?

私の雰囲気が変わったのでしょうか?

人生で初めて猫と触れ合った為、全く分かりません。

 

今後シロポンに会った方は、尻尾の付け根を肩たたきの要領でガンガン叩いてやって下さい。

 

江田インのオーナーは間違いなくフィーダーの気がありますね。

私もたくさん食べ物をもらっています。

中華やシーフードの外食は確実に宿代よりも高額ですけど・・・

img_3745

いいのでしょうか、いいのでしょうね。

美味しくご馳走になっています。

文句なし大皿セビーチェ。

img_3748

色んな料理に付いてくる、カモテ・ユカ・フリホーレス・チョクロ等の野菜も美味しいんだなぁ。

日系二世のおじさんと、日本料理店に勤務しているカレンちゃん、江田さん、私。

img_3753

4人で大皿料理3品いっちゃいました。

最高級の白身魚「メロ」日本にはないそうです。

食感は鯛に似ていました。

img_3751

シーフード炊き込みご飯。

img_3752

美味いに決まってるよね、ここペルーの首都リマだもの。

これだけでは終わらない、食後の2ボールアイス付きです。

img_3754

ほんと美味しいものばかり食べさせてもらって感謝。

ですが・・・

img_3735

ずっとここに居たら、確実にシロポンの様になるでしょう。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す