旅の必須アイテム携帯湯沸かし棒!寒い地域で大活躍

2016/6/2

持ってきて良かった物リスト上位にランクインしている

携帯湯沸かし棒、またの名をコイルヒーター。

614spJI3YiL._SX522_

キッチン無しの宿では必ず使っています。

これがなかったら凍えてしまうよ、クスコの夜。

 

すぐに壊れる、感電するという話もよく聞きますが

私の中国製巨大コイルヒーターは、半年経った今も現役です。

IMG_0223

新品状態と比べると、輝きを失い錆も目立ちますね。

IMG_6306

このアイテム、寒い地域では特に大活躍です。

現在滞在中のクスコは標高が高く、朝晩の冷え込みが半端ありません。

 

高地では沸点が低いのと、外気が低いとのダブル効果で

ホットと呼ばれるものが全体的に「ぬるい」です。

食堂のスープも、コーヒーも、ホテルのポットに入っているお湯も。

 

そんな時、あっという間にお湯を沸かす事ができるので助かります。

コーヒーと紅茶を何種類か持ち歩いていて、飲みたい時に熱々が飲める幸せ。

ほっとする瞬間です。

 

湯沸し棒の使い方は出発前の記事をどうぞ → 注意点多し!超アナログ携帯湯沸かし棒

 

寒がりの方には絶対オススメのアイテムです。

ちょっと巨大だけどね、いい仕事してくれてます。

海外旅行用 220V 2000W 携帯湯沸かし器 コーヒヒーター トラベルコイルヒーター 携帯湯沸し棒 湯沸しヒーター バックパッカー

新品価格
¥2,500から
(2015/11/4 20:48時点)

まだまだ南米の寒い地域へ行く予定なので、大切に使っていきたいです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



旅の必須アイテム携帯湯沸かし棒!寒い地域で大活躍」への2件のフィードバック

  1. あいこ

    わぁボロくなったね(笑)
    でも大活躍してて良かった!
    合流するときは味噌汁差し入れするわ(笑)

    返信
    1. takako 投稿作成者

      あいこちゃん

      ボロいけど頑張っていますよ。
      これから標高の高い寒い地域が続くから、さらに活躍してくれそうです。
      寒い地域での味噌汁はホント温まる・・・ありがたいです。

      合流?ほんとに?嬉しいなぁ。
      待ってまーす。

コメントを残す