ピラミッド登頂もいいけど博物館も素敵:テオティワカン

2015/12/14  為替:1メキシコペソ=6.9円

メキシコシティから北東へ約1時間。

古代都市テオティワカンへ行ってきました。

ニヒル

 

メキシコシティは、朝晩の寒暖差が大きいです。

日差しは強く、昼間は20度以上あるのですが、朝晩は6度位まで冷え込みます。

 

遺跡観光は暑いだろうから薄着で行こう!と思っていたのですが、即断念。

朝出かける時寒かったので、ロンT&レインパーカーを着て出発です。

 

icon-arrow-circle-o-rightい テオティワカン 行き方

メトロ5号線 Autobuses del norte 駅

北方面バスターミナルの一番端っこ8番カウンター横で、

ルイナス テオティワカンの往復(88ペソ)バスチケットを購入します。

ケツァルコアトル神殿前で降り、帰りは太陽のピラミッド前から乗りました。

(共に西側のゲートを利用|入場料 69ペソ)

 

 

広い・・・月のピラミッドまでの距離がとてつもなく遠い・・・

ぽっつーーーん ぽっつーん

軍手

見えます? 私軍手をしています。

遺跡を這って登る時に便利+日焼け防止にもなるのです。

 

ちなみにレンタル自転車に乗る時もしてます。

鍵かけるのにすっごい力が必要だったり、海外の自転車って

基本壊れやすいので、自分で油部分を触らなくてはいけない状況も多々あるので。

 

ジリジリ突き刺さる様な日差し、でも汗は流れないカラリとした空気で

テンションは上がりますし、ピラミッドは巨大で圧巻なのですが・・・

 

レリーフが残っている訳じゃないし、なんか・・・こんだけ?感が。

テオティワカン頂上から

太陽のピラミッド

 

そんな物足りなさをカバーしてくれるのが「シティオ博物館」

死者の道から少々外れて、こんな道を800M程歩きます。

博物館までの道

上がる景色

 

規模は大きくありませんが、オリジナル出土品が多数展示されている

落ち着いた感じのハイセンスな博物館なのです。

シティオ博物館

 

雨と雷の神 トラロック カラフルで素敵☆

トラロック

 

なんか愉快な入れ物 顔付きタイプ

変なツボ

 

埋葬されていた人達

骸骨

 

歪んだ鼻とニヒルな笑いをもう一度 ニヤリ。なんか腹立つけどお気に入り。

ニヒル別角度

 

ぱかー

開いた人

何なんだ?!とツッコミたくなる面白いヤツがたくさんいます。

 

icon-arrow-circle-o-rightい お腹が空いた時は

駐車場には「タクシーでレストランまで送り迎えするよ」と営業している人がいるので

がっつり食べたい場合は利用してもいいかなーと思いました。

遺跡内にはお菓子の自販機くらいしかありません。

 

当の私は。。。

朝は食べたいものが無く、バスターミナルでもバスがすぐ来て食べ損ね、

観光中は空腹を感じず、結局クッキー二枚で一日観光し終えてしまいました。

案外いけるもんだな。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



ピラミッド登頂もいいけど博物館も素敵:テオティワカン」への2件のフィードバック

  1. jun

    青空の下の太陽のピラミッドいいですなぁ。
    周りの石垣もすばらしいね。
    ナイスな一枚です。

    返信
    1. takako 投稿作成者

      junさん

      コメントありがとうございます☆

      青空がバックだと、全てが映えますね。
      太陽が眩しかったです。

コメントを残す