社会主義時代の名残 巨大ブンカーとピラミッド:ティラナ

2018/7/26 1レク=1円

ティラナの街には社会主義時代の建造物が残っています。

特に街外れにあるブンカーは巨大でかなり見応えがありました。

地上地下5階、部屋数は106という本格的な地下施設。

各部屋の博物館としての展示、映像、演出も凝っていて

期待以上に満足できました。

 

ブンカーへは中心部からバスでアクセスできます。

バスマークの辺りから「PORCELANI」行きで終点下車。(40レク)

バスの車掌さんというか、アルバニアの人たちは

険しい顔(をしている様に見える)人が多く

更にガタイが良く声も大きいので最初ビビるのですが

こちらが笑顔で接すると、優しい笑顔になる人が多いです。

バスに車掌さんが乗ってて集金するシステム好きだな。

アルバニアの車掌さんは、世話焼きの人が多くて安心感があります。

 

この洞窟の向こう側にブンカーがある様です。

早速じめじめした空気が漂ってきます。

トンネルを抜けて入場料(500レク)を支払い

入口までもかなり歩きました。

木が茂っていてわかりにくいですが

巨大コンクリート施設が見え隠れしています。

入口の雰囲気は軽い感じですね。

中の展示はカラーやアートなどとは無縁ですが。

重たい二重扉をくぐり中へ入ります。

この国の人って高身長の人が多いのに、ドア部はかなり低め。

160センチの私がギリギリ気にせず通れるレベル。

アルバニア軍は、この地下ブンカーのアイデアを

1964年に北朝鮮を訪問した際に持ち帰ったとしているので

まさか・・・北朝鮮サイズそのままで作ってしまったとか?

空気穴。

通路に空調パイプが見当たらないなぁと思っていたら

壁の中に埋める設計になっていて

埋まったパイプの一部と空調室は別室で見学できました。

この空調システムは化学薬品や爆発攻撃から内部を守る為のもので

入り口にある巨大なフィルターはガスマスクの様な働きをし

ブンカー内にきれいな空気を循環させることができます。

ちなみに化学フィルターは中国産なんですって。

北朝鮮から持ち帰ったという事は、北朝鮮にはこのレベルのブンカーが

中国には更にハイレベルな地下要塞があるんじゃないか。

日本はどうなんだろう?総理官邸には地下室があるという噂はあるけど

防災施設は大東亜戦争時と何も変わってないのでは?

70年以上経っても一般市民は洞窟に隠れるしかなさそうです。

おまけに危機感もないし、絶望的ですね。

 

ハイクラスの人達のお部屋には、エントランス

執務室、寝室、バスルーム全て専用で付いていました。

息苦しさというよりブンカー内は寒いです。

どんどん体温を奪われていくのが分かります。

そして空気が湿っていて、壁を触るとべっとり。

それに拍車をかける様に、なんだあのスモッグは。

部屋を覗くと「ボタンを押せ」と書いてあります。

マスタードガスの体験コーナーでした。

なかなか凝った演出ですが、ジメジメの原因こいつにもあるんじゃ・・・

各部屋には第二次世界大戦から社会主義政権崩壊までを

写真パネルを中心に展示されています。

しかしまぁ・・これは酷い・・・雑すぎる。

きちんと再現できないのであれば無理していただかなくて結構。

あー醜い・・・何かディスられるより腹立つわ。

 

マスタードガスやなんちゃってナチ軍服などの

ツッコミどころも多い中、映像は興味深いものがありました。

軍事パレードの様子や、当時を再現した家庭のテレビに

映し出される当時のニュース映像とか。

タイムスリップした感覚になります。

こんな巨大な施設ばかりではなく、家庭サイズのブンカーも

たくさんアルバニア国内に残っています。

バスで移動中にちらほら見かけました。

いやー想像以上の巨大な施設で大満足。

二時間近く中にいたら、冷えて手がしびれた様になってしまいました。

外の蒸し暑さが嘘の様に、ブンカー内は極寒ですので

じっくり時間をかけたい人は上着を持って行く事をおススメします。

 

ブンカー博物館の近くにはケーブルカーがあり

山の上まで運んでくれるのですが、天気が。

あの雨雲の中に突入する気にはなれませんでした。

天気が良ければ乗りたかったな。

 

ティラナの街中に残っているピラミッドも面白かったです。

これぞ社会主義時代の建物!って感じで。

天気の悪さが廃墟の不気味さを助長していました。

悪ガキが中に入って行きます、私も。

中は最低限整備されている感じですね。

調子に乗ってピラミッドに上っている人達もいました。

街中にこういう巨大な施設が廃墟として残っているのって

不自然でちょっとワクワクしますね。

 

ティラナは何も見るものがないなんて言われていますが

ブンカーとピラミッドは圧倒的存在感があるので

アルバニアの歴史に興味が無い人でも楽しめると思います。

個人的には超おススメ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



社会主義時代の名残 巨大ブンカーとピラミッド:ティラナ」への2件のフィードバック

  1. あいこ

    ピラミッドなにー!?
    廃墟にするにはもったいない!!

    ブンカーいいなぁ
    中国や北朝鮮にもあるのかー
    日本にもあればいいのにー
    地震の生き埋めとか津波の溺死を懸念してるんか?
    国民が皆死んだら税金で食ってる政治家だけ生き残っても意味ないのに笑

    返信
    1. takako 投稿作成者

      ピラミッドは党指導者ホッジャの誕生記念にちなんだものらしい。80歳の\(^o^)/
      あんまり人気がないので、近々取り壊されるかもしれません。

      衛星からバレない様に地下で何かやってそうだよね。
      一般市民は無力だなーって改めて思います。

コメントを残す