国民の館はじめ建物がカッコいい:治安悪いか?ブカレスト

2018/8/29 1ブルガリアレフ=33円、1ルーマニアレイ=66円

ブカレストって治安が悪いとか人が冷たいという

情報が多くて飛ばそうかとも思っていたのですが

全くそんな事ない!むしろ気に入って延泊しちゃいました。

人は優しいし、治安も特別に悪いとは感じませんでした。

北駅付近に乞食もロマもいませんでしたし。

 

・ヴェリコ・タルノヴォ→カレスト

1日1本14:45に直通バスあり。4h。35レフ。

内部が革張りの新車で珍しくクーラーが効いてました。

ヴェリコ・タルノヴォ南バスターミナル発

ブカレスト中心部の路上着です。

到着が夜の7時頃でも、夏は日が長いので気持ちに余裕があります。

まずは現地通貨をゲットしなくては。

おーっと、ATMから全部100レイ札で出てきました。

ここからホステルまでバスに乗ろうと思い

カッサを覗いてみたのですが

バスは1回1.3レイ、カード込でも5レイほどの買い物の為

売り場の小窓を閉められおばちゃんに追い払われます。

そりゃそうだよな・・・

 

銀行もやってないし、マックでも入って崩すか?

いや。

ダメもとでデパート内の両替屋の人に聞いてみよう。

「すみませーん。スモールマネーに変えてほしいんですけど。」

「どうしたんだい?OKOK。どこから来たの?日本?ナイスカントリー!」

「100レイ札じゃバスチケット買えなくて困ってたの。ほんとありがとう!」

「いいんだよ、ウエルカム!」

とても快く応じてくれて、ブカレストの第一印象は大変良かったです。

 

さて5レイ札なら文句ないだろう、おばちゃん。

すると・・・何やらコインを見せてきます。

「はー?コインで払えってか?」と意思の疎通が全くできずにいると

並んでいたお姉さんが小銭を払ってくれたのです。

どうやら50バニ足りなかった模様。

じゃー10レイ札でといっても、おばちゃんムシ。

「5.50レイ、丁度だね!はーい次!」

「通訳してもらった上に小銭まで出してもらって。ほんと、ありがとう!!」

「グッドラック!ばーい」ってあぁ優しいお姉さん。

バスカードが2種類あったりして仕組みが分からないまま

3回分チャージされたカードを何とか手に入れました。

到着して10分足らずで既に2人に助けられました。

優しいじゃないか、ブカレストの人。

 

旧ユーゴ、ブルガリアと続いてきた赤茶色の瓦屋根に

ちょっと飽きてきた頃だったので

ルーマニアの建物は新鮮に感じました。

建物がいちいち館風なんですよね。

おうちって感じじゃなくて館って感じね。

確かに建物から出ている空気は冷たいと言えるかも。

それは教会からさえも感じられます。

なんせ館ですから。

こちらの巨大な建物の通称も「国民の館」

チャウシェシュクが国費を私物化して建てた館です。

米国のペンタゴンに続く巨大さを誇るんだって。

チャウシェシュクとエレナの夢の跡。

ツアーのみ内部観光が許されていて、ガイドについてぞろぞろ。

天井は高く、シャンデリア、大理石、デザイン等全てにこだわり

国民の生活がひっ迫している時にこんなもん造りやがって。

そんなわけで、かなり人気の低い独裁者は

1989年のクリスマスに公開処刑されました。

ガイドさんの説明にもトゲがあるんですよね。

チャウシェシュクは背が低いのを気にしてただの

エレナは低学歴だっただの、吐き捨てる様に話してました。

一般的な1時間の英語ツアーは40レイ。

ほぼ一時間毎に催行。予約不要。

 

「ガイドさーん、質問があるんだけど。

地下にはブンカーがあるんでしょう?

そこは軍事基地として機能していたのですか?

現在はどうなってるいるのですか?」

すると食い気味で「中には誰も入れないわ!!」とピシャリ。

いや、入りたいとかじゃなくて。

ブンカーの規模が知りたいって言うかさ・・・

「シークレットサービスしか知らないの、ブンカーのことは」

「ガイドさんさえも知らないの?」

肩をすぼめて、もう話すことはないというジェスチャー。

えー、気になる。隠されると余計に気になる。

絶対に何かあるだろ、ねっ。

 

美しい本屋さんとして有名なCărturești Caruselにも行ってきました。

色や商品の配置などに統一感があって素敵!

写真を撮っている人が多かったので

気兼ねせずにカメラを取り出せました。

椅子もおしゃれ。

地下には日本アニメコーナーが堂々と設けられていて

ジブリはじめとして、デスノート、進撃の巨人

私の好きなブラックラグーンや寄生獣もありました。

あ、安売りされてる。ショック。

寄生獣は女の子には人気ないね。

アニメの話になると必ず薦めるんだけど、ちょっと嫌な顔されがち。

弟は好きだとか、彼氏が読んでたとか。

ミギーかわいいのに。

 

前情報を調べるのも大切だけど、自分の目で見て

肌で感じた感想って他の人とは違うんだなって再確認しました。

私は巨大でムダな政治的な施設に惹かれるから

ネピドーの軍事博物館みたいなのとか究極。

国民の館も存在自体でテンションが上がります。

それ熱く語っても「わかるー」って言われた事一回もないもんな。

放浪のスタイルや興味ってほんとそれぞれ。

 

一番治安の悪いと言われている北駅付近は

ちょっとヤバそうな地区もあったけれど、

マンホールに住んでるシャブ中の輩なども見ませんでした。

固く閉ざされていましたよ。

そしてマンホールのデザインかっこいい。

 

ブカレスト飛ばさなくて良かったです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す