ゴッドファーザーロケ地巡り本番Bar Vitelli︰サヴォカ

2018/11/13

サヴォカの目的はBar vitelliとChiesa di San Nicolò。

どちらもマイケルとアポローニャのエピソードには欠かせない場所です。

前日の情報収集むなしく、時間や乗換地点がハッキリしないまま

7:00のバスでサンタ・テレザへ向かいました。

※前日の記事︰冬のゴッドファーザーロケ地巡りは少々面倒

バス会社のホームページで時間と価格は調べる事ができます。

●タオルミーナ→サンタ・テレザ

interbus 利用 往復4.8ユーロ

●サンタ・テレザ→サヴォカ

jonica transporti 利用 片道1.9ユーロ

 

タオルミーナ7:00発のバスはメッシーナ行き。

寝すごす訳にはいきませんので

via savocaと運転手さんにアピールしておきました。

するとちゃんと覚えていて止まってくれ

この辺でサヴォカ行のバス停を発見しました。

7:50前にスタンバイできたので、とりあえず

表記されている朝一のバスを待ってみる事に。

バスは8:15頃やって来ました。

7:50にどこを出発したのかは不明なままですが。

 

私一人を乗せたバスは、クネクネと山を上りサヴォカに到着しました。

おお!bar vitelliが見えてテンション上がります。

時刻は8:30前。誰もいません。

まさかオフシーズンだからやってないとか?

コッポラ監督とツーショットなんかして遊んでいると

店員さんがやって来て「9時からだよ」とのこと。

冬期休暇中じゃなくて良かった。

 

開店時間まで時間があるので

先にサンニコロ教会へ行ってみました。

教会へと続く道。

寒いし逆光、中にも入れなかったけど

静かでとってもいい雰囲気。

朝早く起きたかいがあったわー。

 

開店と同時に入ったバー・ヴィッテリも貸切。

観光客がやって来るまでは、夢の時間でした。

マイケルの座った場所でコーヒーとカンノーリ

葉巻は持ってなかったのでタバコで代用。

っていうか映画では酒だから、全て代用品か。

ここのカンノーリがまた美味でして

パイ生地はパリパリ、リコッタチーズも超フレッシュでした。

映画でも登場するシチリア島を代表するお菓子で

1週間の滞在中3回食べましたが

バー・ヴィッテリのが一番美味しかったです。

 

コニーが毒入りカンノーリをドン・アルトベッロに手渡すシーン。

若い頃はマイケルと衝突する事もあったコニーが

全てを受け入れ許している様な雰囲気が好き。

色んなシーンが蘇えるなぁ。

 

9:30以降、観光客がちらほらやって来ました。

ゴッドファーザー人気は未だ健在の様です。

私が座ってると邪魔でしょ?

ここ一番座りたい場所だもんね。

ツアーだとお茶しなくても中を見学できるみたいで

ガイドさんとやって来てはサーっと帰って行きます。

 

貸切状態もこれまでか。

私が席を立つと、待ってましたといわんばかりに

欧米人夫婦がさささっと席に付いていました。

さーて、バーの中を見学して帰るとしますか。

飾ってある写真が古くて、年代を感じます。

アメリカンコーヒーと合せて7.5ユーロ。

非常に満足度の高いカフェタイムでした。

 

周遊バスがあればこのままフォルツァ・ダグロへ向かえますが

無いものは仕方がないので、今日の目的は早々に達成です。

帰りのバスまで4時間以上あったので

海辺まで戻りずーっと散歩をしていました。

 

ちなみに日を改めて行ったフォルツァ・ダグロへのバスは、往復一日たった一本。

折り返し運転で、滞在時間はたったの40分というタイムスケジュールでした。

ロケ地として使われた2つの教会は近いので

回れるか?といわれれば可能ですが

もう少しゆっくりしたかったかな。

効率良く個人で回るにはオフシーズンに入る前に来るべきですねぇ。

結局3日かかってしまいましたから。

反面、貸切状態というラッキーに恵まれる可能性は大です。

パラララララララララララ〜

鼻歌どころか普通に声に出して何度も歌えました。

改めて映画が観たくなってきたな。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す