軽い高山病を抱えながらの観光:プーノ・ウロス島

2016/6/8

プーノの標高は3827m、クスコの3399mより高いです。

クスコで症状が出なかったので、少々調子こいていましたが

ここは3500m超え、甘かったです。

IMG_7208

 

到着してから24時間経った頃から、関節痛がひどくなり

とにかく怠くて、身体が重いという症状が出ました。

 

酸素が薄いのに加えて、朝晩は本当に冷えます。

今夜の気温はマイナス3度、ホテルには薄い毛布が2枚だけ。

もちろん部屋に暖房設備はありません。

寝袋がなければ凍えてしまう程寒いのも、体調不良の要因かと。

 

しかし、寒い怠いからといって寝てばかりいると

酸素が体に入ってこない為、高山病を悪化させてしまいます。

 

無理しない範囲で、散歩やウロス島へ観光に行きました。

 

プーノにはのんびりした時間が漂っています。

チチカカ湖周辺には遊歩道が整備され、気持ちよく散歩ができます。

IMG_7179

ボートがB級で笑えました。

IMG_7170

IMG_7164

絶妙な表情ですね。

IMG_7166

サメかイルカっぽいやつ。

IMG_7167

貸しボートは人気があり、常に3台は稼働していました。

IMG_7169

 

ここからスピードボートで約30分、ウロス島へ行く事ができます。

島といっても、ここは浮島。

葦を積み上げてつくられた人工の島です。

 

家も島も全てトトラ。しっかりした造りになっています。

IMG_7212

40程の島には学校や病院もあり、独自の社会を築いています。

島の外に住んではいけないというしきたりとか、教育が受けられないとか

現代は様々な問題がある様ですが、昔ながらの生活を続けるウル族。

 

バルサ(トトラ製の舟)にも乗りました。

IMG_7220

入村料(5ソレス)や乗車料(10ソレス)は、島にとって大きな収入源。

観光客が入れる範囲は決まっていますが、写真を撮るのは自由です。

バルサ・・・どうやって動かすかと思えば

IMG_7227

後ろからエンジン付きボートで押してるやん。

IMG_7234

まぁパドルで漕ぐのは疲れますからね。

 

本調子でなくても、これだけ動き回れればいい方かしら。

一緒にアレキパからやって来た人は、丸一日ダウンしてたからなぁ。

これからも標高が高い地域が続くので、無理せず進んで行きたいと思います。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す