イオンモールと女性/地質学博物館:インドア的ハノイ

2017/12/7-8

ハノイの天気は霧雨。

どんよりとして気が重くなる様な天気で

サパに引き続きパッとしません。

こんな天気の時はショッピングモールと博物館で

まったり過ごすのが正解ですね。

 

サパからハノイまではバスで約6時間。

サパエクスプレスを利用しました。(13USD)

サパのバス乗り場へは少し坂を上らなければなりません。

その時!!ガタっ!

コロコロのゴムが擦り切れて割れました。

ええーー、まだ通算三ヶ月しか使ってないのに。

ガッタガタ道では持ち上げたりして気を付けてたのに。

ノンブランドの安物をインド人から買ったのが間違いだったか。

割れた部分を道端で拾った紐でくくり

ハノイの宿まではしのぎましたがもうダメです。

ショッピングモールへ行かなければ。

 

大都市ハノイだもん。

大型モールがあるはず、と思って検索をかけると

イオンモールがあるらしいじゃないですか。

しかも無料シャトルバスもあるって、さすが日本企業。

Ryouさんのブログが大変参考になりました。

イオンモールロンビエン(ハノイ)へのバスでの行き方

ありがとうございます。

 

普通にイオンで落ち着きます。

ただバイクの数が半端ないのがベトナムらしい。

ワムのラストクリスマスが流れてる辺りも日本ぽいなと。

トイレチェックしときましょ。

おおー。常に清掃員さんがいて超キレイ。

さすが日本クオリティーです。

 

さてお目当てのスーツケース。

こちらの品揃えは残念ながらベトナム仕様でした。

普通に黒のソフトケースが欲しかったのに置いてありません。

売れてしまったのでしょうか。

 

ハードケースかカラフルなソフトケースばっかり。

ハードケースは開けた時に場所を取るのでパス。

ポップカラーは汚れが目立つじゃん。

かといって茶色や黄土色も嫌だし。

ポップ色かババぁ色で迷い、結局こんなキレイな色のを買ってしまいました。

めっちゃ爽やかカラーでしょ。

200万ドン出したので半年は保っていただきたい。

 

フードコートには日本食レストランが数件あり

味噌ラーメンセットをいただきました。

豪遊~。

ベトナム料理は優しい味で美味しいんですよ。

ただ中華の後だと、どうしても物足りなく感じてしまって。

いくらチリソースかけても安っぽい味になるばかりで…

日本食があればどうしても足が向いてしまいますね。

 

また日本で売っている化粧品や生理用品もあり

お値段も日本と変わらずでテンション上がりました。

食品売り場の店員さんはお辞儀をする様に指導されているらしく

目が合うとぎこちなく頭を下げる姿がかわいかったです。

 

さて私、ハノイに来るのは2回目、約7年ぶり。

相変わらず道沿いに小さな椅子を並べてお茶してる。

交通量やクラクションは変わらないけど

にこやかに大変聞き取りにくい英語を話す若い子が増えた印象です。

 

ハロン湾などの主要な観光地、市場、歴史博物館やホアロー収容所

戦車、地対空ミサイル博物館等は以訪問済みなので

今回は女性博物館と地質学博物館へ行ってみました。

 

女性博物館はオシャレな雰囲気でショップみたいです。

その名の通り女性にスポットが当てらていて

結婚式の衣装や出産から、神事への関わり

ベトナム戦争を戦う女性の姿が誇らしげに展示されています。

早くから男女平等だったとか、衣装かわいい等の高い口コミが目立ちます。

うーん、コンセプトを真に受ければね。

 

しかし私には、ベトナム戦争の勝ちを更に讃えるのに

女性たちに焦点を当て利用している様で

何だかとっても嫌な気持ちでモヤモヤしました。

赤の国は色んな角度からセメて来るなぁと。

ベトナム戦争は過酷な焦土戦。

空からの攻撃に対して地道な罠を仕掛け塹壕を掘り

耐えて耐えて耐え続けた戦争です。

自分たちの領土が戦争なんだもの、男や女だなんて言ってられません。

総力戦にならざるをえません。

確かにベトナム人女性は働き者で勇敢です。

泣きたい様な状況にありながらも、写真の中では強そうな目をしています。

だからこそ。

上手く言えませんが、戦争を引き合いに出して語るべきではないと思うのです。

ベトナム戦争を語る上で女性兵士はあり。

ベトナム人女性を語る上で戦争はなし。

この微妙なニュアンス分かっていただけます?

 

その点、石はいいですね。

モヤモヤとかありません。

そこにあるだけでパワーがある気がします。

 

ただ地質学博物館とは言っても、無料なだけあって

ただ石がずらりと並んでいるだけです。

下の引き出しにもいっぱい入ってますよ。

すごい数だー。

魚や葉っぱの化石を見つけながら楽しめました。

石マニアの方にのみおススメの博物館です。

ちなみに観光客は誰一人としておらず完全貸切、最高。

 

一週間のベトナム滞在中、なんと一度も晴れませんでした。

霧雨がふり、霧なのかスモッグなのか分からないほどガスってる。

これ短期旅行だったら泣きますね・・・。

まぁ無理やり良かった点を挙げるならば、

少し寒いと、あったかスイーツが美味しく感じられること。

小さな有名店なので外の小さな椅子でいただきました。

チェー・バインチョイタウ

あまー、うまー。

巨大な白玉の中にココナッツ&ジンジャー、豆がそれぞれ入っていました。

第一目的である「カフェでまったり過ごすこと」

ベトナムコーヒーは毎日たっぷり堪能できました。

天気悪いとカフェ以外行くところがありませんからね。

 

次に向かうのはラオスのルアンパバーン。

陸路だと丸一日かかるとか・・・しかも悪路という噂。

空路決定です。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメントを残す